子どもの帰宅を外出先のスマホで確認、家庭のIoT化新サービス 1枚目の写真・画像

 阪急阪神ホールディングスのベイ・コミュニケーションズは24日、関西エリア初となるかんたん・見守りサービス「インテリジェントホーム」を7月8日から販売することを発表した。

デジタル生活 その他
照明やドア施錠だけでなく、不在時の来訪者、窓への人物接近などをメールで知らせたり、高齢者家族の見守りなどで一定期間センサーが反応しない場合の通知を行うなど、見守りから防犯まで様々な使い方を可能としている(画像はプレスリリースより)
照明やドア施錠だけでなく、不在時の来訪者、窓への人物接近などをメールで知らせたり、高齢者家族の見守りなどで一定期間センサーが反応しない場合の通知を行うなど、見守りから防犯まで様々な使い方を可能としている(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

page top