なんとか見たい「ふたご座流星群」観察チャンスは?12/13夜から明朝に期待 2枚目の写真・画像

 12月14日午前9時ごろ、ふたご座流星群が極大を迎える。2016年は、月明りの影響や天候などにより、条件は厳しいものの、流れ星の出現を期待している人は多いことだろう。観察に適した時刻や方角、観察のポイント、気になる天気などを確認しよう。

趣味・娯楽 その他
2016年12月13日22時ごろの東京の星空 (c) 国立天文台天文情報センター
2016年12月13日22時ごろの東京の星空 (c) 国立天文台天文情報センター

編集部おすすめの記事

特集

page top