子育てストレスを早期発見、福井大研究グループが評価法開発 2枚目の写真・画像

 福井大学と科学技術振興機構は平成30年2月5日、脳の機能画像から、子育て中の母親らの抑うつ気分が深刻化する前兆を早期発見する評価法を開発したと発表した。養育者のメンタルヘルスの重要性が指摘される中、支援ツールやシステム開発への寄与が期待される。

生活・健康 保護者
養育機能低下の進行・予防モデル
画像提供:福井大学、科学技術振興機構 養育機能低下の進行・予防モデル

編集部おすすめの記事

特集

page top