埼玉県、食品ロス削減モデルを構築…子ども食堂の3つの課題解決 1枚目の写真・画像

 埼玉県は2019年9月9日、発生する食品ロスをその地域内で活用する「地産地消型食品ロス削減モデル」を構築したことを公表。フードバンクや子ども食堂などが抱える運搬、保管場所といった課題を解決するとともに、生鮮食品の活用を可能にする、県内初の取組みだという。

生活・健康 その他
埼玉県の地産地消型食品ロス削減モデル
画像出典:埼玉県 埼玉県の地産地消型食品ロス削減モデル

編集部おすすめの記事

特集

page top