少子化に関するニュースまとめ一覧(5 ページ目)

【話題】絶望先生から「きみに質問」人口減少について考えよう 画像
生活・健康

【話題】絶望先生から「きみに質問」人口減少について考えよう

 内閣府は、平成26年11月に経済財政諮問会議の下に設置された「選択する未来委員会」でまとめられた報告書「未来への選択」の要点についてわかりやすくまとめた冊子「きみに質問BOOK」を公開している。

予防接種をモバイル管理、NTT西日本とミラボが子育て支援 画像
デジタル生活

予防接種をモバイル管理、NTT西日本とミラボが子育て支援

 西日本電信電話四国事業本部(以下NTT西日本四国事業本部)とミラボは、子育て支援分野に関して提携し、3月22日より子育てモバイルサービスを「跳べTOBE子育て応援ナビ」として、愛媛県砥部町で提供開始した。今後四国全域の自治体でサービスの展開を図る

Google検索動向で見る教育トレンド、オンライン学習が塾・通信超える 画像
教育ICT

Google検索動向で見る教育トレンド、オンライン学習が塾・通信超える

 Google教育業界担当インダストリーアナリストChi Tran氏は2月9日、Googleの検索動向から見る教育業界の最新トレンドを発表した。Googleは今後、教育業界に向けた情報の開示や提供を積極的に行っていくようす。

文房具市場、「芯が折れない」ほか高機能新商品でシャープペン拡大 画像
趣味・娯楽

文房具市場、「芯が折れない」ほか高機能新商品でシャープペン拡大

 矢野経済研究所は5日、国内の文具・事務用品市場の調査結果を発表した。調査期間は2015年10月~12月で、文具・事務用品関連事業者等にヒアリングを実施するとともに、文献調査などを行った。

申年生まれは102万人、新成人はピーク時の1/3以下…東京都の人口推計 画像
生活・健康

申年生まれは102万人、新成人はピーク時の1/3以下…東京都の人口推計

 東京都は12月22日、平成28年の東京都内の「年男・年女人口」と「新成人人口」の推計を発表した。申(さる)年生まれの人は102万人で、都総人口に占める割合は7.9%。十二支別の人口では11位。新成人は、前年比4,000人減の11万5,000人となっている。

全国知事会が緊急提言、「少子化」と「子どもの貧困」対策強化を要請 画像
生活・健康

全国知事会が緊急提言、「少子化」と「子どもの貧困」対策強化を要請

 全国知事会は11月10日、「少子化対策」と「子どもの貧困対策」の抜本強化に向けた緊急提言をそれぞれまとめ、政府に要請活動を行った。「子育て負担の大胆な軽減」「子どもの貧困対策強化交付金(仮称)の創設」などを求めている。

平成37年までに教職員定数約3万7,000人減、財務省提示 画像
教育・受験

平成37年までに教職員定数約3万7,000人減、財務省提示

 財務省は10月26日に開催した財政制度分科会において、平成36年度までに教職員定数を約3万7,000人減らす案を提示。国の厳しい財政事情を踏まえ、教職員定数についても議論を重ねる必要があるとした。

神奈川県、小中一貫校教員の指導範囲拡大求める 画像
教育・受験

神奈川県、小中一貫校教員の指導範囲拡大求める

 神奈川県は10月14日、「神奈川としてめざす小中一貫教育校の在り方」最終報告を公表。少子化などの課題解消のため、小中一貫校は望ましいとした。また、県では小中両免許を併有する教員が全国より少なく、認定講習の充実や指導範囲拡大などの制度改正を求めた。

学習塾・予備校、少子化で総収入高増加率が鈍化 画像
教育・受験

学習塾・予備校、少子化で総収入高増加率が鈍化

 帝国データバンクは9月2日、「学習塾・予備校 主要34法人の経営実態調査」の結果を公表した。少子化の影響から総収入高増加率が鈍化し、2014年度の年収入高合計額は、前年度比0.5%増の約4,092億円5,700万円となった。

千葉県、アプリで妊娠・出産・子育てを支援 画像
デジタル生活

千葉県、アプリで妊娠・出産・子育てを支援

 日本エンタープライズは、千葉県が少子化対策事業の一環として県民を支援するために提供する、スマートフォンアプリ(iOS/Android対応)「ちばMy Style Diary」を、千葉県からの委託を受けて開発し、8月20日から運用を開始した。

文科省、教育ICTに関する2事業の採択先を決定 画像
教育ICT

文科省、教育ICTに関する2事業の採択先を決定

 文部科学省は7月24日、「ICTを活用した教育推進自治体応援事業」と「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の採択先を発表した。同省が運営する教育の情報化Webサイトに採択結果を掲載している。

消費増税の使途を教育にも拡大…教育再生実行会議が提言 画像
教育・受験

消費増税の使途を教育にも拡大…教育再生実行会議が提言

 政府の教育再生実行会議は7月8日、教育投資・教育財源の在り方に関する第八次提言を安倍晋三首相に提出した。消費税が増税した際には、税収の使途を教育にも広げるよう求めている。優先施策には、幼児教育無償化と高等教育の負担軽減を盛り込んでいる。

11月は「テレワーク月間」、少子化問題などの解決へ啓蒙 画像
デジタル生活

11月は「テレワーク月間」、少子化問題などの解決へ啓蒙

 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、学識者・民間事業者らで構成されるテレワーク推進フォーラムは7日、11月を「テレワーク月間」に設定したことを発表した。テレワークの普及により、少子・高齢化や災害時の危機管理など、社会問題の解決にも繋がる見込みだ。

子ども3人以上希望は7割超…少子化は経済的要因 画像
生活・健康

子ども3人以上希望は7割超…少子化は経済的要因

 経済的・環境的に不安がなければ3人以上子どもが欲しいと考えている人が7割以上いることが、育児情報誌「miku」が行ったアンケートで明らかになった。実際に出産をためらう理由の多くは経済的な不安だった。

「生活が苦しい」6割超、子育て世帯はさらに深刻…厚労省 画像
生活・健康

「生活が苦しい」6割超、子育て世帯はさらに深刻…厚労省

 「生活が苦しい」と感じている人が6割を超えることが7月2日、厚生労働省による平成26年の「国民生活基礎調査の概況」から明らかになった。児童のいる世帯の生活意識はさらに深刻で、「生活が苦しい」は67.4%にのぼった。

妊婦健診の公費負担、最低額は神奈川県6.4万円 画像
生活・健康

妊婦健診の公費負担、最低額は神奈川県6.4万円

 妊婦健診における公費負担の全国平均は98,834円であることが6月30日、厚生労働省の調査結果からわかった。公費負担額は市区町村間で差があり、都道府県ごとの平均では、最高額である青森県の118,920円と最低額である神奈川県の64,319円とでは、倍近い開きがあった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
Page 5 of 8
page top