近畿・関東でヒノキ、北陸・東北でスギ花粉がピーク

生活・健康 健康

2012年の花粉の飛散量傾向
  • 2012年の花粉の飛散量傾向
  • 今シーズンの都道府県別の花粉飛散傾向(沖縄県を除く)
  • 花粉症の症状が“非常にツライ”または“ツライ”と感じる人の都道府県別割合
  • 関東地方の花粉の飛散量傾向
 ウェザーニューズは12日、2012年2~3月における花粉飛散数、今後予想される飛散傾向を発表した。全国1,000個所に設置している花粉観測機「ポールンロボ」にて計測された花粉飛散量をまとめた数値と、今後の飛散見通しをもとに予想した結果となっている。

 それによると2012年は、寒さの影響により全国的に花粉の飛散開始が遅く、2月上旬からの飛散開始となった。九州など、寒気の影響が比較的少なかった地域では昨シーズンより数日遅くなった程度だが、全国的には1~2週間遅く、東北などでは3週間程遅くなったところもあった。

 スギ花粉の飛散ピークは、九州や四国では3月上旬~中旬、その他の西日本や関東、東海では3月中旬~下旬のところが多かった。4月中旬現在、近畿・関東はヒノキ花粉、北陸・東北はスギ花粉のピークになっている。九州ではすでにヒノキ花粉のピークを越えており、今後は次第に飛散量が少なくなっていく見込み。一方東北、北陸地方は5月初めまでは花粉の飛散に注意が必要とのこと。

 飛散量は、3月末時点で、全国平均でシーズン全体の約5割が飛散しており、東日本では残り1か月で約5割、西日本では約4割が飛散する見込み。ちなみに、症状に関しては、症状報告において“ツライ”または“非常にツライ”と報告した人の割合は、昨シーズンより約3%少ない程度で、症状自体はあまり軽減されていない模様だ。

4月現在、近畿・関東がヒノキ花粉のピークに……ウェザーニューズ、花粉飛散傾向を発表

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)