千葉県、図書館司書が選んだ「子どもに読ませたい本100選」リーフレットを作成

教育・受験 学習

千葉県・「図書館司書が選んだ『子どもに読ませたい本100選』」
  • 千葉県・「図書館司書が選んだ『子どもに読ませたい本100選』」
  • 千葉県・「図書館司書が選んだ『子どもに読ませたい本100選』」
  • 千葉県・「図書館司書が選んだ『子どもに読ませたい本100選』」
  • 千葉県・「図書館司書が選んだ『子どもに読ませたい本100選』」
 千葉県教育委員会は、保護者向けに子どもの読書活動啓発リーフレット「図書館司書が選んだ『子どもに読ませたい本100選』」を作成した。

 千葉県教育委員会は、「千葉県教育振興基本計画」および「千葉県子どもの読書活動推進計画(第二次)」に基づいて、乳幼児期からの読書活動を推進。子どもが自主的に読書に親しむことができる環境の整備を進め、読書県「ちば」を目指している。今回のリーフレット作成は、その取組みの一環として行われたもの。

 リーフレットでは、千葉県内の図書館司書が選んだ、乳幼児から小学生などに読ませたい100冊の本を紹介している。

 子どもの読書活動は、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かにする。千葉県教育委員会では、家庭で過ごすひととき、子どもと一緒に本を読むことで、家族の絆を深めるとともに、保護者たちにも読書の楽しさを改めて発見してほしいとしている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)