【中学受験2015】京北は東洋大附属校化・共学に…6校の入試変更点

教育・受験 受験

東洋大学京北
  • 東洋大学京北
  • 吉祥女子
  • 三輪田学園
  • 慶應義塾中等部
  • 晃華学園
  • 千葉県立東葛飾
 四谷大塚は4月1日、中学入試の変更点について最新情報を掲載した。京北は東洋大学京北に校名を変更して東洋大学の附属校となり、女子を募集して共学となる。このほか、三輪田学園や慶應中等部、晃華学園で入試日程を変更する。

 吉祥女子は、2015年度入試において定員配分を変更する。募集人員は、2月1日(日)の第1回が102名から114名に、2月2日(月)が102名から90名に変更され、2月4日(水)の第3回が30名となる。

 三輪田学園は、2015年度入試において入試日程を変更。第2回を2月3日から2月2日に、第3回2月5日から2月4日に変更する。試験教科は2月2日の第2回を4科から2・4科へ変更する。定員配分は第1回(2月1日)80名から90名に、第2回(2月2日)30名から25名に変更。帰国生入試は12月20日から1回、2回入試と同時実施とし、試験教科は国語と算数(一般入試と同じ)、面接となる。

 慶應義塾中等部は、2015年度入試において2月5日15時に行っていた一次合格発表を2月4日16時に前倒しし、2月6日または7日に行っていた二次試験を2月5日に前倒しする。また、受験生の個人面接を廃止する。

 晃華学園は、2015年度入試において試験回数を3回から2回に減らし、定員配分を第1回(2月1日)50名から60名に、第2回(2月3日)20名から50名へ変更する。

 千葉県立東葛飾は、2016年4月に既存の東葛飾高等学校に新設の中学校を併設予定。千葉県教育委員会の県立学校改革推進プランの一環という。

 変更点の詳細は、各学校の情報を参照のこと。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)