大学生のスマホユーザー、84%がノートPCも所持…用途で使い分け

デジタル生活 モバイル

IT機器保有率
  • IT機器保有率
  • IT機器の使用用途
  • スマートフォンの使用用途
  • スマートフォン保有者のその他のIT機器の保有率
  • スマートフォン保有者のその他のIT機器の使用用途
 大学生のスマホ保有者の84%がノートPCも所持しており、目的に応じて賢く使い分けていることが、「大学生のスマートフォンに関する実態調査」の結果から明らかになった。勉強や動画鑑賞はノートPCで行う一方、音楽鑑賞やカメラ、ゲームは専門機器の利用が多かった。

 調査は、大学生のスマートデバイスに関する「今」を定量的に把握しようと、ネット・リサーチ会社のクロス・マーケティングが全国12都道府県の大学生ら1,733人を対象に3月、インターネットで実施した。

 IT機器の保有率は、ノートPC81.2%、スマートフォン71.5%、デスクトップPC24.2%、ガラケー23.0%、タブレットPC12.1%。スマホユーザーの84%がノートPCも所持しており、勉強や動画鑑賞はノートPCで行っている割合が高かった。

 スマートフォンの活用は、全般的に男性よりも女性の方が進んでおり、カメラ、アルバム、SNS、チャットなどの利用が高い傾向にあった。音楽鑑賞やカメラ、ゲームの機能については、用途に特化した専門機器の利用の方が多く、スマホが完全に代替されているわけではないこともわかった。

 スマートフォン買い替えのきっかけは、「2年契約の終了」「端末が古くなった」「高性能な端末がほしくなった」の順に高かった。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)