ICT利活用のガイドライン2014公表、実例や留意点…総務省

教育ICT 学校・塾・予備校

「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン2014(中学校・特別支援学校版)」
  • 「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン2014(中学校・特別支援学校版)」
  • ガイドライン2014の概要
 総務省は4月15日、学校現場におけるICT環境の構築・運用・利活用の手引書「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン2014」を公表した。「中学校・特別支援学校版」として、実証研究校の成果を踏まえたポイントや留意点をまとめている。

 同省では、教育分野でのICT利活用推進を目指し、平成22年度から児童生徒1人1台のタブレットPCなどを配備して実証研究する「フューチャースクール推進事業」をスタート。平成25年度も中学校8校と特別支援学校(病弱)2校で実証研究を実施した。ガイドラインは、その成果として平成23(2011)年から毎年策定している。

 「ガイドライン2014」は、平成25年度も含め、フューチャースクール推進事業4年間の実証研究の総まとめとなる。中学校・特別支援学校の特徴、実証研究の経験や課題を踏まえながら、ICT環境構築の流れや留意点、運用方法などを掲載。テレビ会議システムを利用した遠隔地校との交流や合同授業、ドリル学習やレポート作成など家庭学習でのICT利活用、学校と病院内学級を接続する双方向通信など、特徴的な利活用事例についても紹介している。

 自治体や教育委員会がICT導入を検討する際、環境構築や運用の面で重要となる無線LANについての記述も充実。Q&Aによる基礎知識、実証校による無線LAN環境の導入・運用の実例などもわかりやすくまとめている。

◆ガイドライン2014(中学校・特別支援学校版)
ページ数:236ページ
目次:
第1章 中学校におけるICT環境の構築
第2章 中学校におけるICT環境の運用
第3章 特別支援学校におけるICT環境の構築と運用
第4章 ICT機器及びネットワーク環境に関する技術的要件の整理
第5章 中学校におけるICTの特徴的な利活用
第6章 特別支援学校におけるICT利活用に関する特徴的な取り組み
第7章 災害時における学校ICT環境の活用
第8章 実証校における取り組み事例と実証事業の成果
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)