大学は美味しい!!フェア、5/28-6/3新宿高島屋で開催…東京6大学コラボ定食も登場

教育・受験 学校・塾・予備校

大学は美味しい!!フェア
  • 大学は美味しい!!フェア
  • 六大学コラボ定食
  • 出展大学
 大学が研究開発した食品を一堂に集めた「大学は美味しい!!フェア」が5月28日から6月3日まで、新宿高島屋11階催会場で開かれる。東京大学など38大学が参加し、スイーツや肉、米、酒など、多彩な自信作を展示販売する。

 教授や学生が開発に携わった大学発の「美味しい」商品を紹介する新宿高島屋の人気催事。テーマは「論文の代わりに製品で『食』の研究成果を伝える」。今年で7回目の開催となる。

 出展するのは、全国38の国公私立大学。このうち、東京大学はユニークな見た目とプチプチ食感が特徴の「伊豆大島産シーパイン」(60g540円)を出展。東海大学は、産官学プロジェクトで紫芋品種「ムラサキマサリ」を素材に廃棄物を出さないゼロミッション(完全循環型)醸造の取組みから製品化したデザートソース「阿蘇の紅」(185g486円)を出品する。

 このほか、大豆に不足する栄養素を発芽玄米と雑穀で栄養満点に補った明治大学の「五穀米のテンペ」(75g324円)、地元の産業復興を目指して開発した石巻専修大学の「石巻・飯野川発サバだしラーメン」(2食入り540円)、静岡土産として人気を呼んでいる法政大学の鰹チップ「バリ勝男クン(わさびマヨ味)」(25g154円)、スッポンをまるごと使ってゼリーに仕上げた大分大学の「スッポンジュレまるまるコラーゲン」(125g、レモン味486円、ブルーベリー&カシス味540円)など、個性あふれる商品が勢ぞろいしている。

 フェアでは、初企画として東京6大学の研究成果を一度に味わうことができる「六大学コラボ定食」(1,680円)も1日100食限定で販売。東京、法政、早稲田、明治、立教、慶應義塾という東京の人気6大学による夢のコラボレーションが定食として実現する。

 時間は、午前10時から午後8時まで。5月30日と31日は午後8時半、最終日は午後6時閉場。会場内では5月29日から6月1日、午後1時から講演会も開催。出展大学の教授が食の研究について話をする。全10種類予定されており、定員は各回先着10人。

◆大学は美味しい!!フェア
会場:新宿高島屋11階催会場
期間:5月28日(水)~6月3日(火)
時間:10:00~20:00(5月30・31日は20:30、最終日は18:00まで)

《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)