【高校受験2015】神奈川県公立高校の出願状況…横浜翠嵐2倍

教育・受験 受験

全日制課程の出願状況
  • 全日制課程の出願状況
  • 共通選抜募集人員に満たなかった学校(全日制・一部)
  • 各校の出願状況(全日制・一部)
 神奈川県教育委員会は1月30日、平成27年度神奈川県公立高校一般入試の出願状況を発表した。全日制課程の平均出願倍率は1.2倍、出願倍率がもっとも高いのは、県立横浜翠嵐(普通科)2.09倍となった。出願変更は2月4日(水)~2月6日(金)に受け付ける。

 平成27年度神奈川県公立高校一般入試は、1月28日(水)~1月30日(金)に願書を受け付けた。全日制の共通選抜実施校(県立139校と市立14校の計153校)は、募集人員43,300人に対し、出願者数が52,176人で、出願倍率が前年度と同じ1.20倍となった。

 出願倍率がもっとも高いのは、県立横浜翠嵐(普通科)2.09倍、次いで、県立横浜緑ケ丘(普通科)1.97倍、県立湘南(普通科)1.96倍。募集人員に満たなかった全日制の学校は、県立霧が丘(普通科)や横浜市立南(普通科)、川崎市立川崎(普通科)など38校で、欠員数は529人。

 今後、出願変更は2月4日(水)~2月6日(金)、学力検査は2月16日(月)、面接および特色検査は2月16日(月)と2月17日(火)、2月18日(水)のうち、志願先高校の指定する日(2月19日に面接・特色検査を実施する場合あり)、合格発表は2月27日(金)に実施する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)