日本気象協会、甲子園で熱中症対策を呼びかけ

生活・健康 健康

日本気象協会、甲子園で熱中症対策リーフレット配布や啓発動画放映
  • 日本気象協会、甲子園で熱中症対策リーフレット配布や啓発動画放映
  • 日本気象協会、甲子園で熱中症対策リーフレット配布や啓発動画放映
日本気象協会は、8月6日に阪神甲子園球場で開幕する「第97回全国高等学校野球選手権大会」にて、スポーツ時の熱中症対策の啓発活動として球場内でリーフレットの配布や啓発動画の放映を実施する。

今回の啓発活動は、2013年度より熱中症での死亡者をゼロにすることを目指した「熱中症ゼロへ」プロジェクト活動の一環として行われる。啓発リーフレットの配布時には、日本気象協会所属の気象予報士も登場する予定だ。

配布されるリーフレットでは、スポーツをするとき・観るときの熱中症予防チェックができる他、熱中症の症状解説や応急処置の方法を掲載。15秒の啓発動画では、熱中症対策のポイントとして「日差しをよけよう」「水分と塩分をこまめにとろう」などを伝える。

選手はもちろん、審判や応援団、観客など、夏の高校野球に関わる全ての人に役立つ内容になっている。配布日は、8月6日(木)、19日(水)、20日(木)。一部の出入り口で数量限定で配布を行う。啓発動画放映日は、8月6日~8月20日。

同プロジェクトは、夏の甲子園での活動を通じて、スポーツ時の熱中症対策の呼びかけを継続的に行っていく。

【高校野球】日本気象協会、甲子園で熱中症対策リーフレット配布や啓発動画放映

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)