日本情報オリンピックジュニア大会11/16-21…参加校募集

教育ICT その他

ビーバーコンテスト情報ページ
  • ビーバーコンテスト情報ページ
  • Bebras Contest
 情報オリンピック日本委員会は11月16日から21日まで、、ジュニア向けの国際情報科学コンテスト「ビーバーコンテスト2015」を開催する。小学5年生から高校3年生が対象で、参加校を11月9日まで募集している。

 ビーバーコンテストは、数理情報科学教育の裾野を広げるために、2010年より開催されている小学生および中高生を対象としたジュニア向けの国際情報科学コンテスト。Bebras Contest(ビーバーコンテスト)という名称で欧州を中心に普及が進んでいる。

 「コンテスト」と称しているが、日本では順位をつけて競い合うことをせず、児童・生徒がコンピュータ科学に関連した親しみやすい問題に取り組むことでコンピュータ科学と情報活用に対して興味を持ってもらうことが目的。また、コンテスト後に生徒同士で議論する題材や、授業の題材を提供することも目的のひとつであり、授業の補助教材として使うことも可能だという。

 コンテストは、学年に応じて「ベンジャミン(小学5・6年生)」「カデット(中学1・2年生)「ジュニア(中学3年生・高校1年生)」「シニア(高校2・3年生)」の4区分に分かれている。問題は、情報に関する理解、情報の表現、アルゴリズム的思考、コンピュータシステムの利用(サーチエンジン、電子メール、セキュリティ、表計算など)、組み合わせや離散構造、論理パズルやゲーム、ICTと社会など、さまざまなトピックからさまざまな難易度の問題が出題される。過去問題を、ビーバーコンテスト情報ページで公開している。

 参加費は無料。学級・学年単位や、希望者だけの参加、放課後の部活などでも参加可能だが、個人での申込みは受け付けておらず、学校ごとに担当教員がサイトより申し込む。

◆ビーバーコンテスト2015
実施期間:11月16日(月)~21日(土)
※実施日時は、上記期間の8:00~18:00で、参加希望校が指定した時間
※学校行事などで上記期間に実施できない場合は相談可能
※1日で実施することも、複数日で実施することも可能
対象学年:小学5年生~高校3年生
実施方法:インターネットに接続可能なコンピュータを使って参加
参加費:無料
申込方法:学校名(ふりがな、英語表記)、担当教員名(ふりがな、ローマ字)、連絡用メールアドレスを明記のうえ、担当教員がメールする
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)