第12回e-Learning大賞はサカワの黒板アプリ「Kocri」…ほかClassiや桜丘中高

教育ICT その他

第12回 日本e-Learning大賞
  • 第12回 日本e-Learning大賞
  • eラーニングアワード2015フォーラム
 第12回 日本e-Learning大賞の受賞者が決定した。ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」(サカワ)が大賞を受賞。経済産業大臣賞を「Classi―先生とともに生徒の学びを支援する学習プラットフォーム―」(Classi)が受賞した。

 日本e-Learning大賞は、新しいeラーニングの可能性を例証し、ブロードバンド社会におけるeラーニングの健全な発展・市場の確立およびコンテンツ・サービス提供企業の育成支援を目的としている。2014年に発表された第11回日本e-Learning大賞では、ドリコムの「えいぽんたん!」が大賞を受賞したほか、総務大臣賞にLoiLoの「ロイロノート・スクール」が選ばれた。

 第12回の大賞を受賞したサカワの「Kocri(コクリ)」は既存の黒板を使い、スマートフォンと組み合わせることでICT授業を可能にしたハイブリッド黒板アプリ。その実績は、「2015年7月29日に発売され、発売2日間で1,000ダウンロードを達成した(受賞作特徴より抜粋)」という。

 経済産業大臣賞を受賞した「Classi―先生とともに生徒の学びを支援する学習プラットフォーム―」(Classi)は、2015年4月より本格サービスを開始した学習支援クラウドサービス。教師の校務支援と生徒の学習支援が一つになったオールインワンサービスである。

 また、文部科学大臣賞を「生徒・教職員の創造性を刺激する、iPadがある学校生活」(桜丘中学・高等学校)、総務大臣賞を「最先端技術とプロの英会話講師たちが生み出す英語学習の新たな可能性-English Central」(English Central)、厚生労働大臣賞を「コンピテンシー理論を基盤とした看護職のキャリア開発を支援するeポートフォリオ」(北里大学病院看護部・北里大学東病院看護部)が受賞した。

 表彰式は、10月28日に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催される。

◆第12回 日本e-Learning大賞 受賞者
・大賞:サカワ「Kocri(コクリ)」
・経済産業大臣賞:Classi「Classi―先生とともに生徒の学びを支援する学習プラットフォーム―」
・文部科学大臣賞:桜丘中学・高等学校「生徒・教職員の創造性を刺激する、iPadがある学校生活」
・総務大臣賞:English Central「最先端技術とプロの英会話講師たちが生み出す英語学習の新たな可能性―English Central」
・厚生労働大臣賞:北里大学病院看護部・北里大学東病院看護部「コンピテンシー理論を基盤とした看護職のキャリア開発を支援するeポートフォリオ」
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)