保護者向けサイト立ち上げ、学研キッズネットがリニューアル

 学研プラスが運営する、小中学生向けのWebサイト「学研キッズネット」が4月1日にリニューアルオープンした。新たに立ち上げた保護者向けサイトでは、立命館大学の陰山英男教授や、宮本算数教室の宮本哲也先生らが執筆を担当、ママ記者による地域情報も発信していくという。

教育ICT 小学生
学研キッズネット for Parents
  • 学研キッズネット for Parents
  • 学研キッズネット
 学研プラスが運営する、小中学生向けのWebサイト「学研キッズネット」が4月1日にリニューアルオープンした。新たに立ち上げた保護者向けサイトでは、立命館大学の陰山英男教授や、宮本算数教室の宮本哲也先生らが執筆を担当し、ママ記者による地域情報も発信していくという。

 学研が培った子ども向け雑誌や書籍の編集ノウハウを活かした「学研キッズネット」は、子どもたちが安全に楽しめるサイトとして運営され、今年で20周年を迎える。今回のリニューアルでは、子どもたちがより楽しみながら学べるよう参加性の高い体験型の新コンテンツや、新しいユーザーインターフェースを導入し、パワーアップを図った。

 さらに、保護者向けの「学研キッズネット for Parents」を新たに立ち上げ、スマートフォン・タブレットの急激な普及、学校教育へのICT導入など、デジタルネイティブ時代の子育て・教育をサポートする。立命館大学の陰山英男教授や宮本算数教室の宮本哲也先生らが執筆を担当するほか、ママ記者による地域情報も発信する。

 また、デザインも一新し、サイトのマルチデバイス化を進めることで、さまざまなデバイスにも対応。20年間子どもたちと歩み続けてきた「学研キッズネット」は、さらなる飛躍を目指して生まれ変わった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)