10代の「動画」利用は1日80分以上、SNSは静止画好む

デジタル生活 その他

動画コンテンツの視聴状況
  • 動画コンテンツの視聴状況
  • 動画コンテンツを見るデバイス
  • 動画コンテンツを見るプラットフォーム
  • スマホのコンテンツ別1日平均利用時間
  • SNSへの投稿について
  • SNSへ投稿するコンテンツのタイプ
 ジャストシステムは9月28日、15歳~69歳の男女1,100名を対象に実施した「動画&動画広告 月次定点調査(2017年8月度)」の結果を発表した。51.4%が1週間に1日以上の頻度で視聴しており、10代の「動画」平均利用時間は1日80分以上であることがわかった。

 「動画&動画広告 月次定点調査(2017年8月度)」の調査期間は、2017年8月30日~9月3日。Fastask(ファストアスク)のモニターである15歳~69歳の男女1,100名から回答を得た。

 動画コンテンツの視聴状況では、「毎日視聴している」22.8%、「1週間に1日は視聴している」17.7%、「1週間に1日は視聴している」10.9%と、51.4%が1週間に1日以上の頻度で視聴していることがわかった。また週に1日以上動画コンテンツを視聴する回答者に対して、動画コンテンツを見るデバイスを尋ねると、「スマートフォン」が74.7%、「パソコン」が58.5%、「タブレット型PC」が19.1%だった。

 動画コンテンツを見るプラットフォームは、いずれの年代も「YouTube」がもっとも多く、全体では90.8%を占めた。年代別にみると、10代では1位の「YouTube」に続き「Twitter」が73.2%と、全体平均の36.7%を大きく上回った。

 また、スマートフォンを利用している回答者(868名)のコンテンツ別1日平均利用時間を調査。10代の利用時間が長いコンテンツは、「動画」81.84分、「SNSのタイムライン(メッセージアプリを除く)」74.91分、「ゲーム」79.2分、「マンガ・コミック」56.07分など。特に、10代の「動画」の利用時間はほかの年代より長く、20代の「動画」59.28分と比べても20分以上の差があった。

 SNSへの投稿については、10代の27.0%が「SNSを利用していて、投稿も頻繁に行う」、36.0%が「SNSを利用していて、投稿もときどき行う」と回答。なお、全体では「SNSを利用していて、投稿も頻繁に行う」は11.9%、「SNSを利用していて、投稿もときどき行う」は29.8%だった。

 SNSへの投稿を行う回答者に投稿するコンテンツタイプを尋ねると、「静止画しか投稿しない」31.2%、「動画はほとんど投稿せず、静止画を投稿することの方が多い」27.0%、「動画もときどき投稿するが、静止画を投稿することが多い」16.6%の順に多かった。SNSの利用が活発な10代でも、「動画はほとんど投稿せず、静止画を投稿することの方が多い」が34.9%、「静止画しか投稿しない」17.5%となっており、動画よりも静止画の投稿が多かった。

 調査レポート全文は「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページから無料でダウンロードできる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)