【夏休み2018】小中学生向けものづくり教室、都立工業系高校19校で開催

教育イベント 小学生

平成30年度小中学生ものづくり教室 わくわくどきどき夏休み工作スタジオ
  • 平成30年度小中学生ものづくり教室 わくわくどきどき夏休み工作スタジオ
  • 講座一覧(A区分/平成30年7月23日~8月5日実施分)
  • 講座一覧(B区分/平成30年8月6日~8月29日実施分)
 東京都教育委員会は平成30年7月23日から8月29日の期間、小中学生を対象とした「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を開催する。都立工業系高校の先生や生徒と一緒に、ソーラーカーの製作や科学実験、工作などに挑戦できる。

 「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」は、将来ものづくり産業を支える人材を育成することが目的。参加者が時間をかけて作品製作に取り組むことで、ものづくりに関する興味・関心が高まり、達成感を味わうことができる内容になっている。

 1日(6時間程度)で、ソーラーカーの製作や科学実験、各種工作などに挑戦する。高校の先生やアシスタントの生徒が丁寧に教えてくれるので、ものづくりの面白さや専門的な技術を体験できる。

 平成30年度は都立工業系高校19校で全66講座を開講。たとえば科学技術高校では、小学5・6年生対象の「作って遊べる『シュートロボット』の製作」や、小学3~6年生対象の「プログラミングロボを作ろう!」、小学5・6年生対象の「熱の科学 ~七宝焼きとカルメ焼き体験~」を実施する。

 開催日程や対象学年、費用などは講座により異なるため、事前に確認が必要。Webサイトでは講座一覧が公開されており、「学校別」「開催日別」「親子ものづくり講座一覧」から検索できる。

 申込みは専用のWebサイトより受け付ける。申込期間は、7月23日から8月5日実施分が6月18日午前9時から6月29日午前0時まで。8月6日から8月29日実施分が6月25日午前9時から7月6日午前0時まで。応募多数の場合は抽選により受講者を決定する。また、キャンセルが出た場合は再度募集を行う。

◆平成30年度小中学生ものづくり教室 わくわくどきどき夏休み工作スタジオ
実施期間:平成30年7月23日(月)~8月29日(水)
会場:葛西工業高校・墨田工業高校・科学技術高校・蔵前工業高校・荒川工業高校・足立工業高校・工芸高校・六郷工科高校・北豊島工業高校・中野工業高校・練馬工業高校・多摩工業高校・杉並工業高校・多摩科学技術高校・田無工業高校・八王子桑志高校・総合工科高校・府中工業高校・町田工業高校 全19校
対象:小中学生(講座により異なる)
費用:1,000円~2,500円(講座により異なる)
申込方法:専用のWebサイトから申し込む
申込期間:
A区分(7月23日~8月5日実施分)/平成30年6月18日(月)9:00~6月29日(金)0:00
B区分(8月6日~8月29日実施分)/平成30年6月25日(月)9:00~7月6日(金)0:00
※応募多数の場合は抽選。キャンセルが出た場合は、再度募集を行う
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)