【夏休み2018】200種類から選択、かながわ子どもワクワク体験

 神奈川県は、2018年7月から8月にかけての夏休み期間中、「夏休み子どもワクワク体験」を開催する。対象は小学生と中学生。申込み方法や参加費は体験内容によって異なり、詳細は神奈川県のWebサイトから確認することができる。

教育イベント 小学生
神奈川県「夏休みかながわ子どもワクワク体験」
  • 神奈川県「夏休みかながわ子どもワクワク体験」
  • 「夏休みかながわ子どもワクワク体験」ものづくり体験(一部)
  • 「夏休みかながわ子どもワクワク体験」科学体験(一部)
  • 「夏休みかながわ子どもワクワク体験」自然体験(一部)
  • 「夏休みかながわ子どもワクワク体験」社会体験(一部)
  • 「夏休みかながわ子どもワクワク体験」歴史体験
  • 「夏休みかながわ子どもワクワク体験」その他の体験(一部)
  • 神奈川県「親子ものづくり体験教室」
 神奈川県は、2018年7月から8月にかけての夏休み期間中、「夏休み子どもワクワク体験」を開催する。対象は小学生と中学生。申込み方法や参加費は体験内容によって異なり、詳細は神奈川県のWebサイトから確認することができる。

 「夏休みかながわ子どもワクワク体験」は、県の施設や学校で子どもたちの「生きる力」を育む体験活動を実施するイベント。「ものづくり体験」「科学体験」「自然体験」「社会体験」「歴史体験」「その他の体験」の6つのジャンルでさまざまな体験があり、その中から選ぶことができる。

 「ものづくり体験」では、ガラスやLEDなどを使った工作教室や、クラフト教室、フラワーアレンジメント、料理教室など、54種類のプログラムを用意。「ペットボトルロケット」を製作して飛距離を競う大会などのプログラムも開催される。

 「科学体験」では、植物・生物・科学などの実験のほか、環境教室やがんセンターでの医療体験など37種類のプログラムを実施する。「自然体験」では50種類のプログラムを実施。星座や自然観察会、カヌーやセーリング、バーベキューやキャンプでの宿泊体験など、親子で楽しめるプログラムが多数用意されている。

 「社会体験」では、仕事体験など23種類のプログラム、「歴史体験」では、講座やクイズなど4種類のプログラム、「その他の体験」では夏休み自由研究なんで
も相談や親子料理教室など37種類のプログラムを実施する。

 また、神奈川県生涯学習課では、夏休み期間中に「親子ものづくり体験教室」も開催。対象は小中学生とその保護者で、県内の9校の工業高校などで、さまざまな分野のものづくりが体験できる。

 「夏休み子どもワクワク体験」「親子ものづくり体験教室」ともに、開催日時や場所、費用、応募方法、募集期間などの詳細は、神奈川県のWebサイトから確認することができる。
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)