わずか15分で危険レベル、子どもの「キー閉じ込み」に注意

 JAF(日本自動車連盟)は、2018年は全国的に猛暑日が続いていることから、子どもなどの車内熱中症事故予防を呼びかけている。

生活・健康 未就学児
熱中症指数の推移
  • 熱中症指数の推移
JAF(日本自動車連盟)は、全国的に猛暑日が続いていることから、子どもなどの車内熱中症事故予防を呼びかけている。

昨年8月1~31日の1か月間、JAFが出動した「キー閉じ込み」の救援のうち、子どもやペットが車内に残されていたケースは、全国で170件(子ども167件、ペット3件)。このうち、緊急性が高いと判断し、ドアガラスを割るなどして車内の子どもを救出したケースが11件あった。その原因は「子どもが誤ってロックを操作した」というものが多く、「鍵を所持していると思い込んで閉めてしまった」というケースもあった。

JAFが実施した車内温度の検証テストによると、気温35度の炎天下に駐車した車内の熱中症指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達した。また、日陰に駐車していたとしても、日なたに停めた車との車内温度の差はわずか約7度で、駐車場所に関わらず外気温が高温である場合は注意が必要となる。

乳幼児は体温調節機能が未発達で、特に注意が必要。「少しの時間だから」「寝ているから」といって子どもを残したまま車を離れることは、熱中症を引き起こす事故になりかねない。また、高齢者も体温調節機能が低下するため注意が必要。ペットなども車内に残して車を離れることは決してしないよう、JAFでは強く注意を呼びかけている。

子どもを残したままのキー閉じ込みが多発、熱中症事故に注意を呼びかけ JAF

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)