【夏休み2019】科学や仕事を体験「千葉県夢チャレンジ」

 千葉県教育委員会は2019年7月から8月にかけて、小中高生を対象とした「令和元年度千葉県夢チャレンジ体験スクール」を開催する。科学・技術などの体験や研究者・職業人との交流、さまざまな就業体験を通して職業に必要な資質や能力などについて学ぶ。

教育イベント 小学生
千葉県夢チャレンジ体験スクール
  • 千葉県夢チャレンジ体験スクール
  • サイエンススクール 講座一覧(小学生対象)
  • サイエンススクール(小中高生対象)
  • キャリア教育「科学・先端技術体験キャンプ」(中高生対象)
  • キャリア教育「科学・先端技術体験キャンプ」(中高生対象)
  • キャリア教育「しごと体験キャンプ」 (中高生対象)
 千葉県教育委員会は2019年7月から8月にかけて、小中高生を対象とした「令和元年度千葉県夢チャレンジ体験スクール」を開催する。科学・技術などの体験や研究者・職業人との交流、さまざまな就業体験を通して職業に必要な資質や能力などについて学ぶ。

 「千葉県夢チャレンジ体験スクール」は、千葉県教育委員会が県内の企業や大学、研究機関などと連携して開催するイベント。子どもたちが将来の職業に対する夢を育むことを目的とし、「サイエンススクール」「キャリア教育科学・先端技術体験キャンプ」「キャリア教育しごと体験キャンプ」の3つの事業を一体として、夏休みに実施する。

 「サイエンススクール」は、科学的な実験を中心に行う1日または半日の講座。県畜産総合研究センターによる「生まれたてのひよこに会いに行こう!」や、東京情報大学による「Scratchプログラミングによるゲーム作成」、マツモトキヨシホールディングスによる「医療を体験してみよう!!」など、20企業・大学・研究機関にて実施する。

 「キャリア教育科学・先端技術体験キャンプ」は、最先端科学・技術を扱う企業・大学・研究機関での体験と、研究者との交流で構成する2つのプログラム。日帰りコース(2日間または3日間)と宿泊コース(1泊2日を含む3日間)を用意している。

 2日間の日帰りコースではキヤノンマーケティングジャパンでのデジタルカメラの組み立て・撮影・プリント体験や、セイコーインスツルでの時計の分解・組み立て体験など、9企業・大学・研究機関で体験プログラムを用意。3日間の日帰りコースでは、千葉県がんセンターにて血液のゲノムDNAの抽出・解析、研究所や実験機器の見学などを実施する。宿泊コースでは日本ベルパーツでの工場見学、プリンタ用ローラの製造体験など、4企業・大学・研究機関で体験プログラムを用意している。

 「キャリア教育しごと体験キャンプ」は、さまざまな職業の就業体験と、コミュニケーションスキルやプレゼンテーション力を高める講座などで構成する、1泊2日を含む5日間のプログラム。毎日新聞千葉支局での取材・記事執筆体験、千葉信用金庫・千葉銀行での仕事とお金の仕組みについて学べる講座など、10企業で体験プログラム・講座を用意している。

 対象は、千葉県内に在住または千葉県内の学校に在学の小学生、中学生、高校生。ただし、小学生が参加できるのはサイエンススクールのみ(保護者の同伴必須)。対象学年や開催日時、参加費、定員などはプログラムによって異なる。各プログラムの詳細は千葉県Webサイトにて確認できる。

 応募は、インターネットまたは郵送、FAXにて受け付けている。申込用紙は各学校に配布しており、千葉県Webサイトからもダウンロードできる。締切りは7月1日(必着)。応募多数の場合は抽選となり、当選者には7月9日以降に当選通知を郵送、落選者には7月8日のうちにメールで通知する。

◆令和元年度千葉県夢チャレンジ体験スクール
対象:千葉県内に在住または千葉県内の学校に在学の小学生、中学生、高校生
※小学生は保護者の同伴が必要
締切:2019年7月1日(月)必着
応募方法:インターネットまたは郵送、FAXにて申し込む
※団体での申込不可
※応募多数の場合は抽選(当選者には2019年7月9日(火)以降に当選通知を郵送、落選者には7月8日(月)のうちにメールで通知する)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)