【夏休み2019】ジュニアスマホ検定…利用状況を考える機会に

 カスペルスキーと静岡大学が共同で開発した「ジュニアスマホ検定」は2019年8月30日午後5時まで、「夏休み2019 プレゼントキャンペーン」を開催している。期間中に登録のうえ、ログインして受検をした者の中から抽選で6名に図書カードが当たる。

教育ICT 小学生
夏休み2019 プレゼントキャンペーン
  • 夏休み2019 プレゼントキャンペーン
  • ジュニアスマホ検定
  • カスペルスキー
 カスペルスキーと静岡大学が共同で開発した「ジュニアスマホ検定」は2019年8月30日午後5時まで、「夏休み2019 プレゼントキャンペーン」を開催している。期間中に登録のうえ、ログインして受検をした者の中から抽選で6名に図書カードが当たる。なお、受検費用は無料。

 ジュニアスマホ検定は、インターネットの利用状況や情報モラルの知識・理解度を測ることができるWeb検定サービス。小学校4年生から中学校3年生までの児童・生徒とその保護者を対象に、無料で提供している。2015年6月のサービス開始以来、述べ2万2,000人以上が受検しているという。

 カスペルスキーCSRマネージャーの籔内祥司氏によると、2018年度の利用実績を分析した結果、ジュニアスマホ検定の受検回数が増えるにつれて、子ども・保護者ともにインターネットやスマートフォンなどの「利用状況」に関する点数が高くなる傾向が見られたという。籔内氏はこの結果を受け、「スキルや知識を再確認することで、自分の利用状況を考えるキッカケになるからかもしれません。スマホやネットの利用について、受検結果を見ながら話し合い、夏休み中の家庭のルールを作ってみてはいかがでしょうか」とコメントしている。

 ジュニアスマホ検定では、現在「夏休み2019 プレゼントキャンペーン」を開催している。期間内に「ログイン」をした状態でジュニアスマホ検定を受検し、検定結果ページまで確認をした者の中から、1名に5,000円分、5名に1,000円分の図書カードが当たる。挑戦すればするほど賞品がもらえる確率は上がるという。実施期間は8月30日午後5時まで。結果は、9月中旬ごろに当選者にメールで通知する。

◆夏休み2019 プレゼントキャンペーン
実施期間:2019年7月5日(金)~8月30日(金)17:00
対象:期間内に「ログイン」をした状態でジュニアスマホ検定を受検し、検定結果ページまで確認をした者
当選者発表:2019年9月中旬ごろに当選者にメールで通知する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)