記述式や英語検定、大学入試改革の提言ポイント解説…旺文社

 旺文社教育情報センターは2021年7月16日、「『入試のあり方会議』提言をサマリーで正確に読む!」をWebサイトに掲載した。記述式や英語外部検定等、文部科学省の有識者会議が出した提言について、重要ポイントをまとめている。

教育業界ニュース 文部科学省
旺文社教育情報センター
  • 旺文社教育情報センター
 旺文社教育情報センターは2021年7月16日、「『入試のあり方会議』提言をサマリーで正確に読む!」をWebサイトに掲載した。記述式や英語外部検定等、文部科学省の有識者会議が出した提言について、重要ポイントをまとめている。

 「『入試のあり方会議』提言をサマリーで正確に読む!」は、文部科学省の大学入試のあり方に関する検討会議(以下、あり方会議)が終了し、7月8日に提言が公表されたことを受け、提言の重要ポイントをまとめたもの。「大学入試のあり方」「記述式」「総合的な英語力」「地理的・経済的事情、障害のある受験生への合理的配慮等」「ウィズコロナ・ポストコロナ時代の大学入試」の5項目をあげ、重要ポイントを箇条書きしている。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top