進学希望の中3対象「東京都育英資金奨学生」予約募集

 東京都私学財団は、2023年4月に高校や専修学校高等課程へ進学を希望する中学3年生を対象に奨学金を無利子で貸し付ける「東京都育英資金奨学生」の予約募集を行う。採用候補者予定人員は400人程度。貸付月額(予定)は、国公立1万8,000円、私立3万5,000円。

教育・受験 中学生
2023年度貸与 東京都育英資金(予約募集)リーフレット
  • 2023年度貸与 東京都育英資金(予約募集)リーフレット
  • 2023年度貸与 東京都育英資金(予約募集)リーフレット
 東京都私学財団は、2023年4月に高校や専修学校高等課程へ進学を希望する中学3年生を対象に奨学金を無利子で貸し付ける「東京都育英資金奨学生」の予約募集を行う。採用候補者予定人員は400人程度。貸付月額(予定)は、国公立1万8,000円、私立3万5,000円。

 東京都育英資金貸付事業は、勉学意欲がありながら経済的理由で修学が困難な都内在住の生徒・学生に無利息で奨学金を貸し付ける制度。予約募集では、翌年4月に高校、専修学校高等課程に進学を希望する中学3年生を採用候補者として選考し、あらかじめ登録する。

 貸付期間は、2023年4月から在学する高校・専修学校高等課程の修業年限まで。採用候補者予定人員は400人程度。貸付月額(予定)は、国公立が1万8,000円、私立が3万5,000円。ただし、2023年度は変更になることがある。返還は、貸付終了月の翌月から6か月経過後に開始。口座振替により年1~2回のペースで、おおむね11~13年間で返還する。

 対象者は、都内に住所があり、2023年4月に高校または専修学校高等課程に進学を希望する中学3年生。進学先の高校等は、他県に所在する学校も対象となる。選考にあたっては、2021年における世帯の所得に基づく審査がある。2021年の収入状況と比べて、2022年の収入が減少する等、家計が急変して経済的に修学が困難になった人等も対象となる場合があるため、困っている場合は問合せ先まで相談してほしいという。

 申込みは、5月下旬以降に在学する中学校で申込書類を受け取り、在学校を通じて行う。締切日は各学校によって異なり、7~9月下旬の間で各学校が指定する日となる。選考結果は12月上旬、在学する中学校を通じて通知。採用候補者には進学後、在学確認を経て、2023年5月に2か月分(4・5月分)の奨学金を本人の預金口座に振り込み、6月以降は毎月振り込む。

 東京都育英資金の詳細は、東京都私学財団のWebサイト等から確認できる。

◆2023年度東京都育英資金奨学生の予約募集
貸付期間:2023年4月から卒業するまでの修業年限
対象者:都内に住所があり、2023年4月に高校または専修学校高等課程に進学を希望する中学3年生
※2021年における世帯の所得に基づく審査あり
※進学先の高校等は他県に所在する学校も対象
採用予定人員:400人程度
貸付月額(予定):国公立1万8,000円、私立3万5,000円
利子:無利子
申込方法:在学中学校を通じて申し込む(締切日は各在学校で指定)
貸付方法:本人の預金口座に原則として毎月振り込む
返還期間:卒業(貸付終了)後、6か月経過後に返還開始し、おおむね11~13年間
返還方法:年2回(7月と12月)または年1回(7月または12月)に口座から振替(引落し)を行う


《奥山直美》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top