ワーキングマザー(ワーママ)&セカンドキャリア応援特集に関するニュースまとめ一覧

2020年、日本の教育改革スタート!親世代は「ジブン教育改革」いつ始める自分らしい幸せな未来を描く女性のためのセカンドキャリア応援特集

 お子さまのより良い未来のための情報を求めリセマムをご愛読いただいている保護者の皆さまに向けて、キャリアアップ術やセカンドキャリアに関する情報、教育費や年金などお金に関する情報、調査資料などを特集し、学び続ける保護者の働き方改革、教育改革を応援いたします。

10代アスリートを支える保護者向け「ジュニアアスリート食育検定」開始 画像
生活・健康

10代アスリートを支える保護者向け「ジュニアアスリート食育検定」開始

 ジュニアアスリート食育推進委員会は2021年8月9日、10代のアスリートの食育について学ぶ資格サービス「ジュニアアスリート食育検定」を開始した。

ウィズダム×三井不動産、商業施設内だからこそ実現できる「第4の学びの場」 画像
生活・健康

ウィズダム×三井不動産、商業施設内だからこそ実現できる「第4の学びの場」

 ウィズダムアカデミーと三井不動産は2021年4月1日、次世代型子育て総合支援プロジェクト「mama with AFTER SCHOOL WORK & STUDY」の一環として「ウィズダムアカデミー ららぽーとTOKYO-BAY 船橋校」をオープンした。

【リセマム10周年 特別企画】ボーク重子さん×ワコール「子育て後も“私”をもっと好きになる」オンラインイベント2/23 画像
教育イベント

【リセマム10周年 特別企画】ボーク重子さん×ワコール「子育て後も“私”をもっと好きになる」オンラインイベント2/23PR

 リセマムは、2021年2月23日(火・祝)ボーク重子さんとワコールの下着講座“学(まな)ブラ講座”講師をお招きし、読者参加型オンラインライブイベント「子育て後も“私”をもっと好きになるポジティブコーチング Presented by ワコール」を開催する。

【ライター募集】リセマムではライターを募集しています<1/4締切> 画像
教育業界ニュース

【ライター募集】リセマムではライターを募集しています<1/4締切>

 教育情報サイト「リセマム」は、2020年10月でサイト開設10周年を迎えたことを機に記事執筆ライターとして一緒に働くメンバーを募集する。応募締切りは2021年1月4日(月)。応募フォームより申し込む。

働く母親の約8割、料理を時短化する商品を活用…家事代行等は5%以下 画像
生活・健康

働く母親の約8割、料理を時短化する商品を活用…家事代行等は5%以下

 「博報堂キャリジョ研」と「博報堂こそだて家族研究所」は共同で、働くママ(以下、キャリママ)のワーク・ライフ調査を実施し、キャリママの家事・育児サービスや家電の利用実態や意向について調べた結果を2019年12月23日に発表した。

就職や転職をサポートする「自分を活かす履歴書セット」 画像
生活・健康

就職や転職をサポートする「自分を活かす履歴書セット」

就職、転職の第一歩となる履歴書。これまでの自分を記し、これから目指す場所にたどり着くための道具です。「自分を活かす履歴書セット」は転職、再就職をサポートしてくれる履歴書です。その特長をご紹介しましょう。

「アイケアモニター」ワーママ活用術…1台で仕事も子育てもストレスフリーに 画像
教育ICT

「アイケアモニター」ワーママ活用術…1台で仕事も子育てもストレスフリーにPR

 仕事にも子どもの遊びや学びにも、日常的にパソコンを使う我が家。これまで使っていなかった「アイケアモニター」を導入して家族4人で1か月使ってみてわかったメリットとは? 親子の目の健康を守る、目に優しいアイケアモニターBenQ「GW2480T」のワーママ活用レポート。

英語スキルを埋もれさせない、セカンドキャリアに「ウィングローブ」という選択肢 画像
教育・受験

英語スキルを埋もれさせない、セカンドキャリアに「ウィングローブ」という選択肢PR

 ライフスタイルの移り変わりや家族の都合に合わせ、働き方を変えることを余儀なくされる女性も多い。自分の生活スタイルに合わせて働ける「ウィングローブ」の魅力について、現役の講師4名に話を聞いた。

【子育て世代の料理事情2】受験生の保護者は1日6回料理する!?塾弁作りで最も配慮するのは「栄養面」 画像
生活・健康

【子育て世代の料理事情2】受験生の保護者は1日6回料理する!?塾弁作りで最も配慮するのは「栄養面」

 リセマム読者へのアンケート調査をもとに、子育て世代が抱える料理の課題を解決するヒントをお届けする、「クックパッドニュース」編集部とのコラボ連載企画。第2弾は「受験生の子をもつパパ・ママの料理事情」。

ワーママ8割長期休み負担増…困りごと2位は出費、1位は? 画像
生活・健康

ワーママ8割長期休み負担増…困りごと2位は出費、1位は?

 ナスタは2019年7月17日から7月19日の3日間、家事・育児をしながら働いている女性を対象に、長期連休に関する意識調査を行った。調査の結果から、働く母親たちにとって、平日より子どもの長期連休に負担が多いことがわかった。

【子育て世代の料理事情】3大課題は、献立・時間・片付け!ワーママのお悩み解消レシピ 画像
生活・健康

【子育て世代の料理事情】3大課題は、献立・時間・片付け!ワーママのお悩み解消レシピ

 リセマム読者へのアンケート調査をもとに、子育て世代が抱える料理の課題を解決するヒントをお届けする、「クックパッドニュース」編集部とのコラボ連載企画。第一弾は「ワーママのお悩み解消レシピ」。

海外ボルボが全販売店社員に有給育休付与…給与の8割支給 画像
生活・健康

海外ボルボが全販売店社員に有給育休付与…給与の8割支給

 ボルボカーズ(Volvo Cars)は2019年5月6日、EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域の販売店のすべての従業員を対象に、最長6か月間の有給育児休暇を導入すると発表した。

「学び直しをしたい」働く主婦は9割以上、IT・語学が人気 画像
生活・健康

「学び直しをしたい」働く主婦は9割以上、IT・語学が人気

 働く主婦の92.2%が「学び直しをしたい」と考えていることが、ビースタイルが運営する主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関しゅふJOB総研の調査より明らかになった。理由は、「転職や再就職など新たな仕事に就くため」がもっとも多かった。

セカンドキャリアを築くワーママに聞く(2)…外資系企業勤務経験と英語力を生かして起業 画像
教育・受験

セカンドキャリアを築くワーママに聞く(2)…外資系企業勤務経験と英語力を生かして起業

 米国公認会計士として外資系企業に勤め、第1子の育休時にご主人の海外赴任でニューヨークに引っ越し、休職中に第2子出産、帰国後に元の職場に復帰。ほぼ4年のブランクでも復職できた理解のある会社だったけれど「起業」を選んだという安田奈々さんに話を伺った。

ちょっと役立つ「小役立ちノート」は働く親にピッタリの機能 画像
生活・健康

ちょっと役立つ「小役立ちノート」は働く親にピッタリの機能

 2019年3月29日より、コクヨ工業滋賀が展開するエコ文具ブランド「ReEDEN(リエデン)」から、働く親の応援をテーマとする「小役立ちシリーズ」の機能罫線ノート3種が発売される。価格は150円(税別)。

トヨタ紡織、テレワーク制度を導入…自宅や出張先でも勤務可能に 画像
生活・健康

トヨタ紡織、テレワーク制度を導入…自宅や出張先でも勤務可能に

 トヨタ紡織は、働き方改革の一環として、2019年4月よりフレックスタイム・裁量労働制度適用者を対象に「テレワーク制度」を導入すると発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top