赤ちゃんの人見知り行動は「怖がり」でなく「心の葛藤」…東大・京大など調査

生活・健康 健康

赤ちゃんの人見知り
  • 赤ちゃんの人見知り
  • 気質調査の結果
  • 赤ちゃんが示す顔の選好
  • 赤ちゃんが示す顔パーツの選好
 赤ちゃんの「人見知り」行動は、単なる怖がりではなく相手に近づきたい(接近行動)と怖いから離れたい(回避行動)が混在した「葛藤」状態であることが明らかになった。

 今回の成果は、JST(科学技術振興機構)課題達成型基礎研究の一環として、東京大学 大学院総合文化研究科の岡ノ谷一夫教授、京都大学教育学研究科の明和政子准教授、JST戦略的創造研究推進事業 ERATO型研究「岡ノ谷情動情報プロジェクト」の松田佳尚元研究員(現同志社大学特任准教授)らの研究から得られたもの。

 生後半年を過ぎた多くの赤ちゃんには「人見知り」が表れるが、これまでは単に他人を怖がっているのだと考えられてきた。ただ、中には、快と不快の感情が混在している「はにかみ」を表す赤ちゃんもおり、「怖がり」だけでは説明できない部分が疑問視されていたという。

 今回の研究では、赤ちゃん57名のアンケートによる気質調査を実施。赤ちゃんの「人見知り」度合いと、相手への「接近」と「怖がり」という2つの気質の関係を調査した。その結果、人見知り傾向の強い赤ちゃんは、「接近」と「怖がり」の両方の気質が強く、「近づきたいけど怖い」という「心の葛藤」を持ちやすいことが推察できたという。

 また、視線反応計測を用いて、人見知り傾向が高い赤ちゃんを調べた結果、母親でも他人でも、最初に目が合った時に「目」を長く注視すること、さらに、よそ見をしている顔を長く観察することが分かった。

 今回の成果によって、学童期に見られる人見知りの原因とされる「接近と回避の葛藤」が、1歳前の赤ちゃんでも見られることが初めて示され、さらに「目」に敏感でありつつも直接目を合わせるのは避けるような情動的感受性が、人見知り行動の背景にあることが示唆されたという。

 今回の発見は、赤ちゃんの「目の動き」を手がかりとした「心の葛藤」をモニターできるツールの開発や、気質検査による個別能力開発への応用などが期待できるという。また、人見知りのメカニズムを知ることで、逆に人見知りをしないとされる発達障害の理解にも貢献するとされている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)