タブレットでリアルタイム対戦型授業、全教研が採用

教育・受験 学校・塾・予備校

FLENSホームページ
  • FLENSホームページ
  • 全教研ホームページ
 九州地域において学習塾を展開する全教研は、FLENS(フレンズ)が提供する全国のライバルと対戦するタブレット授業「FLENS特訓シリーズ」を導入した。九州地域の生徒たちが全国の生徒たちとリアルタイムで対戦を行い、学習成果の競い合いができるようになるという。

 FLENS特訓シリーズは、タブレットとネットワークを活用した、リアルタイム対戦型授業。全国の学習塾を中心に導入が進んでおり、2015年2月時点でのべ約14,000名の小中学生が利用しているという。

 導入している全国のライバルたちと毎日リアルタイムで問題に取り組めるだけでなく、その場ですぐ解答の正解不正解が出るほか、ライバルたちの回答状況がリアルタイムで表示されるため、学習へのやる気が高まり、成績アップにつながる仕組みになっている。また、全国のライバルの中から、自分のレベルにぴったりな10人が自動でマッチングされるため、より競争意識が刺激され、勉強へのモチベーションを高く保つことができる。

 このたび同教材を導入した全教研は福岡、大分、佐賀、長崎エリアにおいて50年以上にわたる指導実績を持つ学習塾。2月より小学生と中学生でFLENS特訓シリーズを導入した。小学生では算数特訓講座を導入し、競い合いを通じて学習に対する目標意識の向上を狙っているという。中学生においては、理科・社会、英語などFLENSのプラットフォームで、オリジナルテキストを活用した確認テスト、定期試験対策をタブレットで実施することが目的だという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)