SFC研究所とマイクロソフト、高校遠隔授業の共同研究で合意

教育ICT 学校・塾・予備校

慶應義塾大学SFC研究所
  • 慶應義塾大学SFC研究所
  • 日本マイクロソフト
 慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボと日本マイクロソフトは4月20日、「高校遠隔授業汎用モデルon Skype for Business」の共同研究に合意した。全国のすべての高校で導入可能な遠隔授業モデルを研究開発するという。

 慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボは、これまでにも全国各地の高校でICTを活用した遠隔授業の実証研究を推進してきた。また、日本マイクロソフトは、2012年より教育機関に統合型情報共有クラウドサービス「Office 365 Education」を無償で提供してきた。

 「Office 365 Education」に含まれる「Skype for Business」を活用することで、離れた場所を繋いで音声や動画でコミュニケーションしたり、PowerPointで作成したプレゼンテーションを共有したりといった授業が実現できる。

 4月1日の学校教育法施行規則改正によって全国の高校で遠隔授業が解禁されたことを受け、2者はノウハウを持ち寄り、コスト的にも品質的にも全国のすべての高校で導入可能な遠隔授業モデルを研究開発する。また、文部科学省報告が提示する基準への適合を目指し、遠隔授業を実施する際に最低限用意すべきICTサービス、機器、通信環境、授業運用ノウハウ、ICTサポート体制の情報を体系化して公開する。そして、全国の教育委員会や各学校で実施される遠隔授業の支援活動を行う予定だ。

 慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボは、2015年度上期を目途に研究成果を公開する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)