【夏休み】ソニー、光と音の科学工作教室7/25-8/9

教育・受験 学習

ソニー・エクスプローラサイエンス
  • ソニー・エクスプローラサイエンス
  • 工作内容
 ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」では、小学生を対象に光や音など科学にまつわる工作を楽しむ「つくってまなぶ音と光の『わくわく科学工作教室』」を7月25日から8月9日の間の週末6日間に開催する。

 ソニー・エクスプローラサイエンスは、2002年に開館したソニーが運営する体験型科学館。ソニーのエレクトロニクス製品や、ゲーム、音樂、映画などエンターテインメントのコンテンツに応用されている最新技術とそのつながりをを楽しく学べる。

 「わくわく科学工作教室」の工作メニューは、音の原理や電磁誘導を学ぶ「紙コップスピーカー」、光の原理や光の回折を学ぶ「虹色きらきらスコープ」、光の特性やレンズのしくみを学ぶ「ボックスカメラ」、アニメーションの原理や目の残像現象について学ぶ「くるくるアニメーション」、圧力や浮力について学ぶ「うきうきフィッシュ」の5種類。いずれも科学の基本や性質を楽しみながら学ぶことができるテーマとなっている。

 参加費は無料で、開催日の正午から午後5時の間にいつでも参加することができる。最終受付午後5時30分。作った作品とレシピは持ち帰ることができるので、夏休みの自由研究の宿題の参考にすることも可能だ。

◆つくってまなぶ音と光の「わくわく科学工作教室」
開催日:7月25日(土)、26日(日)、8月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)の全6日間
開催時間:12:00~18:00(最終受付は17:30)
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス内「スタジオSES」
参加対象:小学1年生~6年生の児童
※小学生3年生以下は18歳以上の保護者の同伴必要。保護者も見学可。
料金:無料※入館料は別途大人(16歳以上)500円 小人(3~15歳)300円が必要
その他:申込み、予約不要。混雑時は待つ場合あり

<工作の詳細、学びのポイント、推奨学年、体験時間>
紙コップスピーカー:音の原理、電磁誘導 対象高学年 所要時間約40分
虹色きらきらスコープ:光の原理、光の回折 対象低学年 所要時間約30分
ボックスカメラ:光の特性、レンズのしくみ 対象高学年 所要時間約40分
くるくるアニメーション:アニメーションの原理、目の残像現象 対象低学年 所要時間約30分
うきうきフィッシュ:圧力、浮力 対象低学年 所要時間約20分
《富田量》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)