【リセマム調査】菊池桃子発言で再注目の「PTA活動」、保護者はどう考える?

教育ICT 中学生

お子様が通う学校に、PTA はありますか
  • お子様が通う学校に、PTA はありますか
  • お子様が通う学校に、PTAは必要だと思いますか
  • お子様が通う学校に、PTAは必要だと思いますか(中学生)
  • お子様が通う学校に、PTAは必要だと思いますか(高校生)
 今年3月の政府「1億総活躍国民会議」終了後、メンバーの菊池桃子氏がインタビューに答え、「PTA活動」について問題提起したことが話題となった。「PTA活動は、本来任意なのに、なぜか全員参加の雰囲気作りがされている。働く母親にとっては難しい」という指摘だった。

 言うまでもなく「PTA」(Parent-Teacher Association)は、各学校の保護者と教職員によるグループだ。“児童のためのボランティア活動”という位置づけで、基本的には任意加入のはずだが、“全員が加入するのが当たり前”と考えられている実態があり、会費や学校との関係などを巡るトラブルも少なくない。そのため、ここ10年ほど、PTAについて見直そうという意見は、定期的に発生している。
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)