実例つき、社会人学生向け進学情報誌2017年度版7/25発行

 リクルートマーケティングパートナーズは7月25日、「社会人&学生のための大学・大学院選び」の最新号となる2017年度版を全国の書店で発売する。貯蓄ゼロからでも始められる学び方やサポート制度などを紹介している。

教育・受験 その他
リクルートマーケティングパートナーズ
  • リクルートマーケティングパートナーズ
  • 社会人&学生のための大学・大学院選び(2017年度版)
  • 大学院への社会人入学者数の推移(学校基本調査より)
 リクルートマーケティングパートナーズは7月25日、「社会人&学生のための大学・大学院選び」の最新号となる2017年度版を全国の書店で発売する。貯蓄ゼロからでも始められる学び方やサポート制度などを紹介している。

 日本の社会人学生数は16,000人強と毎年伸び悩んでいる。大学高等教育機関「OECD Stat Extracts(2012)」によると、大学入学者のうち25歳以上の人の割合は諸外国の平均が約20%であるのに対し、日本は1.9%と少ない状況にある。教育再生実行会議においても、社会人学生をもっと増やしていこうと提言されており、大学・大学院では国による社会人の学習意欲にこたえる教育プログラムの拡充や学びやすい環境の整備、資金的な支援の増強が進んでいるという。

 「社会人&学生のための大学・大学院選び」では、さまざまな制度を使い大学・大学院を活用する最新ノウハウを、社会人学生の実例とともに紹介する。巻頭特集では「貯蓄ゼロから始められる大学&大学院活用のススメ」と題し、無料でいつでもどこでも学べるオンライン講座や、2年で最大96万円が戻ってくる教育訓練給付制度など、学び方やサポート制度を紹介する。

 ほかにも、社会人のための「大学・大学院入試はじめてガイド」や奨学金と教育ローンの手続きマニュアル、101人のキャンパスライフ紹介など、学びたいという意欲を持った社会人に役立つ進学情報を数多く掲載している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)