【夏休み2017】親子でハンダづけ体験、光るLEDバッジを作ろう8/5・6

教育イベント 小学生

マクニカは「Maker Faire Tokyo 2017」内の出展ブースでワークショップを開催する
  • マクニカは「Maker Faire Tokyo 2017」内の出展ブースでワークショップを開催する
  • 親子で楽しめる!エレクトロニクス体験プログラム ハンダづけ体験コーナー
  • 親子で楽しめる!エレクトロニクス体験プログラム ハンダづけ体験コーナー
  • うちわをMake!
  • ハブラシロボットであそぼう!
  • IoTを体験しよう!
  • mbedを体験しよう!
 マクニカは、8月5日と6日に東京ビックサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2017」内の出展ブースで、「親子で楽しめる!エレクトロニクス体験プログラム ハンダづけ体験コーナー」を開催する。小学生以上が対象で、参加費は300円。

 Maker Faireは、個人やコミュニティ、グループ、学校、企業のMakerが集まり、作ったものを見せて、動かして、見に来た人を楽しませるDIYの展示発表会。エレクトロニクス(電子工作)、ロボット、クラフト、ペーパークラフト、電子楽器、サイエンス工作、リサイクル・アップサイクルなど、あらゆるジャンルの自作のものが展示される。

 マクニカは、日本における最先端の半導体やネットワーク、IoTなどエレクトロニクス製品を扱う技術商社。Maker Faire Tokyo 2017では、エレクトロニクス製品を取り扱うプロならではの視点を生かしたプログラムを実施する。

 「親子で楽しめる!エレクトロニクス体験プログラム ハンダづけ体験コーナー」は、本場アメリカのMaker Faireでも人気のプログラム。簡単なハンダづけを体験しながら、Maker Faireのマスコットキャラクター「Makey(メイキー)くん」の目が光るLEDバッジ作りに挑戦する。小学生以上が対象で、小学生は保護者の同伴が必要。参加費は300円。開催場所は会場内の「Hands On Space」。各日先着順に整理を発行する。

 また、幼稚園児以上を対象にうちわを作るワークショップも開催。マクニカブースで配布するメイクうちわに、シールを貼ったり、お絵かきしたりしてデコレーションしながら、モノづくりの楽しさやワクワクを感じてほしいという。参加費は無料。

 このほか、ロボットやプログラムの楽しさを体験できる「ハブラシロボットであそぼう!」や、IoTの仕組みを理解したい中高生以上を対象にした「IoTを体験しよう!」などのワークショップの開催が予定されている。ワークショップの事前予約は、Webサイトにて受け付けている。

◆Maker Faire Tokyo 2017
開催日時:
 2017年8月5日(土)12:00~19:00予定
 2017年8月6日(日)10:00~18:00予定
会場:東京ビックサイト 東7・8ホール(東京都江東区有明3-11-1)
入場料:当日券/大人1,500円、18歳以下700円、未就学児無料

【親子で楽しめる!エレクトロニクス体験プログラム ハンダづけ体験コーナー Powered by マクニカ】
対象年齢:小学生以上(小学生は保護者の同伴が必要)
開催場所:会場内「Hands On Space」
参加費:300円
※各日先着順にて会場で整理券を発行する
※バッジと修了証を持ち帰ることができる

【うちわをMake! Powered by マクニカ&マウザー】
対象年齢:幼稚園児以上
参加費:無料

【ハブラシロボットであそぼう! Powered by ユカイ工学】
対象年齢:小学生~大人
参加方法:事前予約(Webサイト)、当日申込み
定員:全6回、各回6名(事前予約2名、当日申込み4名)
参加費:無料

【IoTを体験しよう! Powered by FlashAir】
対象者:IoTを理解したい人、中高生~大人
定員:全3回、各回5名
参加費:無料
※事前予約優先

【mbedを体験しよう! Powered by マクニカ】
対象者:中高生~大人
定員:全2回、各回6名
参加費:無料
※事前予約優先
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)