小学校にクーラー「設置されていない」34%

 おでかけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディは2018年7月18日、夏休みについてのアンケート調査結果を発表した。保護者の34%が、子どもの小学校にクーラーが「設置されていない」と回答。そのうち45%は、夏の時期に学校に通わせることに不安を感じていた。

生活・健康 小学生
小学生の夏休みは何日程度が妥当だと考えるか(保護者回答)
  • 小学生の夏休みは何日程度が妥当だと考えるか(保護者回答)
  • 小学生の夏休みは何日程度が妥当だと考えるか(小学生回答)
  • 子どもの通う小学校にクーラーは設置されているか
  • クーラーが設置されていない小学校に通う子どもの保護者に質問
  • 今年の夏休み、子どもはどのように過ごす予定
 おでかけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディは2018年7月18日、夏休みについてのアンケート調査結果を発表した。保護者の34%が、子どもの小学校にクーラーが「設置されていない」と回答。そのうち45%は、夏の時期に学校に通わせることに不安を感じていた。

 アンケート調査は、2018年5月7日から6月4日に「いこーよ」サイト上で実施。全国の小学生の子どもを持つ保護者97人から回答を得た。

 保護者(回答者)に小学生の夏休みは何日程度が妥当だと考えるか尋ねると、保護者の就業形態にかかわらず、もっとも多い31人が「30日」と回答。ついで、「40日」15人、「20日」14人という結果だった。

 一方、小学生の子ども本人に保護者と同じ質問をしたところ、25%が「60日」と答え、19%が「40日」、16%が「30日」と答えている。「勉強は嫌い。ずっと遊んでいたい」という理由から「60日」と回答した子どもや「長く欲しいけど、もっと宿題増えちゃうから」と「30日」と回答した子ども、「友達に会えないから」と「15日」と回答した子どもなど、夏休みの希望日数にはさまざまな理由があるようだ。

 子どもの通う小学校にクーラーが設置されているか聞くと、55%は「設置されている」と回答。34%は「設置されていない」、11%は「わからない」だった。クーラーが設置されていない小学校に通う保護者のうち、「学校にクーラーを設置していほしい」と思う(「とてもそう思う」または「そう思う」)保護者は72%。45%は「夏の時期に学校に通わせることが不安」、42%は「クーラーがないため、夏休みは必要だ」と感じていた。

 小学生の子どもが、夏休みをどのように過ごすのか聞いたところ、「家で自由に過ごす」が73%ともっとも多い。そのほか、「地域のプールや児童館に行く」41%、「習い事に通う」39%、「家事手伝いをする」29%、「祖父母(親戚を含む)の家に長期滞在する」25%だった。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)