5歳-中3対象、アフレル「夏休みロボットアイデアコンテスト2018」締切9/6

 レゴエデュケーションの正規代理店であるアフレルは、家庭学習専用ロボットプログラミング教材を使ったロボット作品を募集する「夏休みロボットアイデアコンテスト2018」を開催。2018年9月6日まで応募を受け付ける。5歳から中学3年生までを対象に2部門で作品を募集。

教育ICT 小学生
夏休みロボットアイデアコンテスト2018
  • 夏休みロボットアイデアコンテスト2018
  • 夏休みロボットアイデアコンテスト2018 概要
 レゴエデュケーションの正規代理店であるアフレルは、家庭学習専用ロボットプログラミング教材を使ったロボット作品を募集する「夏休みロボットアイデアコンテスト2018」を開催。2018年9月6日まで応募を受け付ける。5歳から中学3年生までを対象に2部門で作品を募集。

 「夏休みロボットアイデアコンテスト」は、これから社会で活躍する子どもたちに必要な、自ら課題を発見し、考え、挑戦し、形にするプロセスをロボットプログラミングを通して学び、未来をつくる力を伸ばして欲しいとの想いを込めて開催するコンテスト。アフレルが扱う「レゴWeDo 2.0 for home by アフレル」と「教育版レゴマインドストームEV3 for home by アフレル」の2つの教材を使用した、新しいロボットのアイデアを募る。

 2018年のテーマは「食べ物の問題を解決しよう」。食べ物についてどんな問題があるかを調べ、考えたうえで、その問題を解決するロボットのアイデアを練り、実際にロボットをプログラムして動かしその動画を作品として応募する。部門は、5歳から小学6年生対象の「レゴWeDo 2.0 部門」と、小学3年生から中学3年生対象の「教育版レゴマインドストームEV3部門」の2つ。レゴWeDo 2.0は、基本セットのみで作成することが条件で、2セットまで使用可能。教育版レゴマインドストームEV3は、基本セット、拡張セットを各1セットまで使用可能。

 コンテストWebサイトの応募フォームからエントリー応募後、アイデアをまとめたアイデアシートと、実際にプログラムして動かした作品を撮影した2分以内の動画の2つを提出する。応募締切りは2018年9月6日。結果発表は9月14日。各部門1名には最優秀賞としてレゴペンスタンドグッズと図書カード1万円分を贈呈。各部門2名には優秀賞としてレゴノートグッズと図書カード3,000円分が贈られる。なお、応募者全員に参加賞としてマインドストームステッカーが贈られる。

 応募方法など詳細はアフレルのコンテストWebサイトで確認できる。

◆夏休みロボットアイデアコンテスト2018
応募期間:2018年8月2日(木)~9月6日(木)
部門:レゴWeDo 2.0 部門/教育版レゴマインドストームEV3部門
対象:レゴWeDo 2.0 部門…5歳~小学6年生/教育版レゴマインドストームEV3部門…小学3年生~中学3年生
応募方法:Webサイトの応募フォームからエントリー後、アイデアシートを郵送で送付、作品動画を応募後に送られる専用URLにアップロードする
結果発表:2018年9月14日(金)
賞:
・最優秀賞(各部門1名)ペンスタンドグッズ、図書カード1万円分
・優秀賞(各部門2名)ノートグッズ、図書カード3,000円分
・参加賞(応募者全員)マインドストームステッカー
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)