子どもの体遊び、時間や頻度だけでなく種類も減少

 遊ぶ場所の減少や一緒に遊ぶ仲間の減少などの理由により、子どもの「体遊び」の機会が減っていることが、ボーネルンドが発表した調査結果より明らかになった。遊びの種類も減っており、各学年に適した運動ができない子どもが増えている。

生活・健康 未就学児
体を動かす遊びをする頻度
  • 体を動かす遊びをする頻度
  • 習い事以外で体を動かして遊んでいる時間(平日)
  • 習い事以外で体を動かして遊んでいる時間(休日)
  • 子どもが体を動かして遊ぶ時間は十分だと思うか
  • 母親の子ども時代に比べて体を動かして遊ぶ機会が少なくなっていると思うか
  • 子どもが体を動かして遊ぶ機会が減っている理由
  • 子どもが体を動かして遊ぶ場所。子どもと同じ年齢のころに遊んでいた場所(平日)
  • 子どもが体を動かして遊ぶ場所。子どもと同じ年齢のころに遊んでいた場所(休日)
 遊ぶ場所の減少や一緒に遊ぶ仲間の減少などの理由により、子どもの「体遊び」の機会が減っていることが、ボーネルンドが発表した調査結果より明らかになった。遊びの種類も減っており、各学年に適した運動ができない子どもが増えている。

 子どもの体遊びに関する調査は、幼稚園・保育園(年中・年長)から小学6年生の子どもを長子に持つ30代~40代の母親を対象に実施したもの。有効回答1,321サンプルを、子どもの年次に応じて「幼稚園・保育園の年中・年長(330サンプル)」「小学校低学年(330サンプル)」「小学校中学年(330サンプル)」「小学校高学年(331サンプル)」の4グループに分けている。調査時期は2018年9月6日~12日。

 子どもが習い事以外で体遊びをする機会について、「週5日以上」は30.3%。2013年に実施した同様の調査よりも30.6ポイント減少した。学年別にみると、幼稚園・保育園児は53.0%が「毎日」もしくは「ほとんど毎日」だが、学年が上がるにつれて体遊びの機会が減少。小学校高学年は「週に1~2日」以下が64.7%を占めた。

 体遊びをする時間は、平日・休日ともに3割以上が「30分未満」と回答した。平日に「体遊びをしない」子どもは10.8%で、学年が上がるにつれて時間が減少する傾向が見られた。小学校高学年では、平日・休日ともに4割以上が「30分未満」と回答している。

 また、休日の遊ぶ時間が「30分未満」という回答が2013年調査に比べて20ポイント以上増加。幼稚園・保育園児は「30分未満」が30ポイント以上増加しており、特に遊ぶ時間が無くなっていることがわかった。

 子どもが体を動かして遊ぶ時間は十分だと思うかという質問には、48.0%が「あまりそう思わない」「まったくそう思わない」と回答。「とてもそう思う」「そう思う」は27.9%だった。2013年調査と比べても、「十分」は13.2ポイント減少し、「不十分」は15.7ポイント増加している。

 母親の子どものころと比べても、65.3%が体遊びの機会が「減った」と感じている。比較的遊ぶ機会の多い幼稚園・保育園でも54.5%、遊ぶ機会の少ない小学校中学年・高学年では7割以上が「減った」と回答している。

 その理由として、「公園・空き地などの空間が少なくなっているから」46.0%、「一緒に体を動かして遊ぶ仲間が少ないから」40.6%、「安全面や近隣トラブルなどの問題で、子どもが外で遊ぶことに不安があるから」39.2%、「習い事などで忙しいから」29.4%などがあがった。

 遊ぶ場所(母親は子どもと同じくらいの年齢に遊んでいた場所)は、子ども・母親とも「近くの公園」がもっとも多かった。また、今の子どもは平日・休日ともに「自宅室内」で遊ぶ機会が増加。母親の時代に比べて10ポイント以上高かった。

 屋外での遊びの内容について、「かごめかごめ、はないちもんめなどの複数人で行う伝承遊び」「縄跳び、けんけんなどのジャンプする遊び」「平均台、一輪車などのバランス感覚が問われる遊び」は母親の時代に比べて大きく減少。一方、「絵を描いたり工作をしたりする創作系の遊び」「ゲームや携帯電話、スマートフォンのアプリを用いた体を動かさない遊び」など、体を動かさない遊びの項目はポイントが増加している。

 遊具を使った体遊びは「ブランコ」「すべり台」「ジャングルジム」が上位だったが、「回転遊具」「シーソー」「のぼり棒」「鉄棒」「うんてい」で遊ぶ機会は減少していた。また、母親の68.2%が「遊具の種類が減っている」と感じていた。

 各学年に適した運動の実施ついて、小学校低学年では5項目中全項目、中学年では13項目中9項目、高学年では8項目中全項目で、母親が同じ年齢のときのほうが「できた」と回答。縄とびは低学年で「後ろとび」、中学年で「交差とび」「片足とび(後ろ回し)」「前とびしながらの移動」の実施率で大きな開きがあった。また、器械運動の「後転」「壁を使った倒立」も10ポイント以上減少。高学年では、鉄棒の「逆上がり」ができる子どもが母親の時代よりも10ポイント以上少なかった。

 運動ができるようになるためにサポートしていることを聞いた質問では、「一緒に練習する」37.3%、「練習を見て、改善のためのアドバイスをする」33.0%、「自分で練習するように声をかける」26.2%などが多かった。母親の子どものころは「特にサポートはされていない」がもっとも多く、今の子どもの方がサポートを受ける機会が多いこともわかった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)