【夏休み2019】Apple「サマーキャンプ」全国8か所で開催

 Appleは2019年7月10日、8~12歳の子ども向けワークショップ「サマーキャンプ」の申し込み受付を開始した。7月から8月にかけて、プログラミングや映像制作など4つのブログラムを全国8か所のApple Storeで開催する。いずれも参加無料。

教育イベント 小学生
Apple「サマーキャンプ」
  • Apple「サマーキャンプ」
  • プログラムの概要
 Appleは2019年7月10日、8~12歳の子ども向けワークショップ「サマーキャンプ」の申し込み受付を開始した。7月から8月にかけて、プログラミングや映像制作など4つのブログラムを全国8か所のApple Storeで開催する。いずれも参加無料。

 サマーキャンプは、「GarageBandでオリジナルの曲を作ろう」「iPadでオリジナルのドリームパークをデザインしよう」「コーディングの基礎とロボットのプログラミングを学ぼう」「ClipsとiMovieでオリジナルムービーの監督になろう」の4つのプログラムを実施。いずれのプログラムも1日90分、3日間かけて取り組む。デバイスはAppleで用意する。

 「コーディングの基礎とロボットのプログラミングを学ぼう」では、アクティビティを通じてSpheroロボットのコーディングを学ぶ。iPad用のSphero Eduアプリケーションでコマンド、ループ、関数といったコーディングの基礎を学び、コードのブロックを使ってプログラムを作成する。

 「ClipsとiMovieでオリジナルムービーの監督になろう」では、3日間のセッションを通じてiPadを使って楽しいビデオ映像を制作する方法を学ぶ。映画の予告編を作成し、最終日に作品を発表する。

 会場は、渋谷、表参道、新宿、銀座の東京都内のApple Storeのほか、名古屋栄、京都、心斎橋、福岡天神の計8か所。すでに満員のプログラムもあるため、早めの申込みをお勧めする。参加申込みにはAppleIDが必要。

◆Apple「サマーキャンプ」
日程:2019年7月~8月
会場:全国8か所のApple Store(渋谷、表参道、新宿、銀座、名古屋栄、京都、心斎橋、福岡天神)
対象:8~12歳の子ども
参加費:無料
申込方法:Webサイトより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)