アーテック、幼児向けSTEAM教室2020年4月開講

 アーテックは、ビジュアルプログラミング言語「Viscuit(ビスケット)」を活用した新しい幼児向けSTEAM型学習教室「First STEAM(ファースト・スティーム)」を2020年4月に開講すると発表した。4歳から楽しく学べる幼児教室を全国展開する。

教育ICT 未就学児
First STEAMでの学び(イメージ)
  • First STEAMでの学び(イメージ)
  • First STEAMでの学び(イメージ)
  • Viscuitの画面
 アーテックは、ビジュアルプログラミング言語「Viscuit(ビスケット)」を活用した新しい幼児向けSTEAM型学習教室「First STEAM(ファースト・スティーム)」を2020年4月に開講すると発表した。4歳から楽しく学べる幼児教室を全国展開する。

 「First STEAM」は、アーテックが持つ子ども向けのプログラミング学習教材や関連する教科教材開発のノウハウに、子ども向けの教育用ビジュアルプログラミング言語「Viscuit」を組み合わせた、4歳から楽しくSTEAM教科が学べる幼児教室。「21世紀型スキル」として注目される新しい学力を身に付けることを目指し、低年齢からSTEAM教科を横断する体験型の教育を提供する。

 Viscuitによるプログラミングカリキュラムについては、デジタルポケットと業務提携を締結して開発。2年間全24回の「デジタルアート」コースとして提供する。幼児がタブレット上で自由に描いた絵に動きや変化をつけたり、描いた絵を1つの画面に共有する機能によりお絵描きを通じて直感的にコンピューターの本質に触れる体験をすることで、創造力や情報活用能力、協働学習の力の育成を目指す。幼児教室におけるViscuitの本格的な導入は今回が初めてだという。

 そのほか「First STEAM」では、「サイエンスクラフト」「ブロックデザイン」「ロボットプログラミング」の計4つのコースを展開。それぞれSDGsに関連した生物や地球環境、未来の技術といったテーマと連動し、「サイエンスクラフト」では身近な素材や現象を利用した工作体験で科学の基礎を、「ブロックデザイン」ではアーテックブロックを使用して集中力や図形・空間認識力を育む体験を、「ロボットプログラミング」では知育ロボット「アリロ」を使用したパソコンなしのプログラミングで論理的な思考力を育成する。

 なお、「FirstSTEAM」のカリキュラムは、9月25日から9月27日にインテックス大阪で開催される「第1回関西STEM教育EXPO(EDIX関西)」で展示紹介する予定だという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)