サントリー水育「出張授業」参加校募集、小学4-5年クラス

 サントリーホールディングスは、環境への取り組みの一環として、サントリー水育「出張授業」の参加校を2020年2月25日から募集している。参加費無料。

教育イベント 先生
授業イメージ
  • 授業イメージ
  • サントリー水育
  • 出張授業
  • 授業内容
 サントリーホールディングスは、環境への取り組みの一環として、サントリー水育「出張授業」の参加校を2020年2月25日から募集している。参加費無料。

 サントリー水育「出張授業」は、「水」をテーマにしたサントリー独自の学習プログラム。子どもたちに水の大切さを伝えることで水や自然を愛する心を育てていきたいとの思いから、2006年より実施している。

 2019年は計207校、約1万6,500名の小学生が参加し、これまでの参加者数は約15万4,000名となった。

 2020年は小学校での新しい学習指導要領に即してプログラムをリニューアルし、「未来に水を引きつぐために」をテーマに担任教員と水育講師が連動し、45分×2回の授業を実施する。

 担任教員による授業では、体験学習を通して水循環と生活のつながりを学び、水育講師による出張授業では実験や映像を通して、水循環の中にある森のはたらきを理解し、自分たちに何ができるかを考えるという。

 実施対象エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、長野県、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、鳥取県、熊本県。対象は小学校4・5年生の25人以上のクラス単位。今回の募集では、2020年5月から2021年3月開催分を受け付ける。

 詳細の確認や申込みはWebサイトもしくは電話にて行うことができる。

◆サントリー水育「出張授業」
開催期間:2020年5月~2021年3月
対象:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、長野県、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、岐阜県、鳥取県、熊本県の小学校4~5年生のクラス単位
応募締切:実施希望日の40日前
※先着順で予定数に達し次第、締切る
参加費:無料
申込方法:Webサイトもしくは電話にて申し込む
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)