英検、従来型本会場の新型コロナ対応を公開

 日本英語検定協会(英検協会)は2020年6月15日、「英検(従来型)本会場」における新型コロナウイルスへの対応について、Webページを公開した。試験当日のヘルスチェックとマスク着用を呼び掛け、チェック項目や注意点などを集約している。

教育・受験 高校生
日本英語検定協会「『英検(従来型)本会場』における新型コロナウイルスへの対応」
  • 日本英語検定協会「『英検(従来型)本会場』における新型コロナウイルスへの対応」
  • 2020年度第1回「英検」変更後の日程
  • 2020年度第2回「英検」本会場・準会場別の申込概要
 日本英語検定協会(英検協会)は2020年6月15日、「英検(従来型)本会場」における新型コロナウイルスへの対応について、Webページを公開した。試験当日のヘルスチェックとマスク着用を呼び掛け、チェック項目や注意点などを集約している。

 「『英検(従来型)本会場』における新型コロナウイルスへの対応」は、受験者の安全確保のため、試験会場で行う感染予防対応や受験者へのお願い事項をまとめたもの。

 受験者は、試験当日の来場前、もしくは会場でヘルスチェックを行う。チェック項目は、「いつもの体温と比べて発熱がある」「咳がある」「味がしない・においがしない」など、厚生労働省や文部科学省の発表を参考に作成された11項目。1つでもチェック項目に該当した場合は、来場・受験することができない。ヘルスチェックの専用ページも現在準備中。

 会場内では必ずマスクを着用する必要があり、マスクは各自で用意する。受験者1人での来場を原則とし、年少者などで同伴が必要な場合は1人まで。同伴者も受験者と同様のヘルスチェックを実施したうえで来場する。保護者控室は設置しない。

 来場にあたっては、受付の混雑緩和のため、級ごとに着席時間(集合時間)を分散して対応。着席時間は、午前(全級午前10時試験開始予定)では準2級が午前9時5分、準1級・4級が午前9時20分、午後(全級午後2時試験開始予定)では2級が午後1時5分、1級・3級・5級が午後1時20分と設定し、理解や協力を呼び掛けている。

 このほか、会場入り口付近には来場時の手指消毒用に消毒液を設置。会場では手洗いやアルコール消毒を行い、飛沫飛散防止のため不要な私語は慎む。試験会場内では換気や空調の使用を行うため、寒暖の調整ができる服装で来場する。感染防止の観点から、アルコールティッシュや消毒液の持ち込みと、ビニール手袋(透明)の着用を許可する。

 なお、英検(従来型)の開催日程は、新型コロナウイルスの影響で当初予定から変更になっている。2020年度第1回は本会場が一次試験を6月28日、二次試験を8月23日(一部の1級受験者のみ8月22日)、準会場が一次試験を6月28日、7月17日、18日、25日、二次試験を8月22日、23日に実施する。

 また、10月に一次試験を実施する2020年度第2回は、本会場の申込期間が当初予定より早い7月1日~24日に変更となっている。今後の状況によっては、さらなる変更もあり得るため、最新情報は英検Webサイトで確認すること。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)