コロナ禍のALT不足から考える、小学校英語教育における効果とは

 ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(IBS)は2021年2月2日、コロナ禍でALTが予定通り授業に参加できないという問題を出発点に、小学校におけるALTの効果について考察、コラムとしてWebサイトに掲載した。

教育業界ニュース 英語・語学
小学校ALT活用人数の推移
  • 小学校ALT活用人数の推移
 ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(IBS)は2021年2月2日、コロナ禍でALTが予定通り授業に参加できないという問題を出発点に、小学校におけるALTの効果について考察、コラムとしてWebサイトに掲載した。

 東京オリンピック開催が決まった2013年ごろから英語教育の改革が本格的に進められ、その1つとして進められた小学校におけるALT配置拡大によりALTの人数は2013年度から2019年度にかけて2倍近くに増加している。需要が高まる中、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により海外で採用したALTの一斉入国が困難となり、2020年12月初旬時点でJETプログラム(The Japan Exchange and Teaching Programme)による来日予定のALT約2,100人が着任できていない状況だという。

リシードで全文を読む
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top