【大学入学共通テスト2022】大学入試センター、東大刺傷事件受け受験生らにメッセージ

 2022年度大学入学共通テスト(旧センター試験)の会場となっている東京大学の本郷地区キャンパス農正門前の路上で、受験生ら3人が被害に遭った刺傷事件を受けて、大学入試センターの山本廣基理事長は2022年1月15日、受験生・保護者・関係者に向けたメッセージを発出した。

教育・受験 高校生
大学入試センター「受験生、保護者、関係者の皆様へ」
  • 大学入試センター「受験生、保護者、関係者の皆様へ」
  • 大学入試センター
 2022年度大学入学共通テスト(旧センター試験)の会場となっている東京大学の本郷地区キャンパス農正門前の路上で、受験生ら3人が被害に遭った刺傷事件を受けて、大学入試センターの山本廣基理事長は2022年1月15日、受験生・保護者・関係者に向けたメッセージを発出した。受験生には、2日目も落ち着いて試験に臨んでほしいとしている。

 「受験生、保護者、関係者の皆様へ」と題した文書で山本理事長は、被害者の快復を祈るとともに、大学入試センターとして1月15日午後、試験場となっている全国の大学に警備体制の強化を要請したと説明。文部科学大臣から国家公安委員長に対し、受験生の安全確保に配慮してもらえるよう要請してもらうとともに、文部科学省からも警察庁に対する協力要請がなされたと伝えている。

 受験生、保護者、関係者に向けては、共通テストの試験場において一層の警戒および地域の警察とも連携した警備の強化に努めているとし、「受験生の皆様におかれては、2日目の日程においても落ち着いて試験に臨み、これまで準備してこられた成果を発揮されるよう祈っています」と結んでいる。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top