縮小市場で光る各社戦略、ベビー・こども服市場は前年比99.5% 2枚目の写真・画像

 矢野経済研究所は7月25日、「ベビー・こども服市場に関する調査(2016年)」の結果を発表した。市場規模は、前年比99.5%の9,180億円。少子化を背景に今後も市場規模の縮小が予測される中、百貨店は次世代顧客の取り込み、専門店はカジュアルギフトの提案に注力している。

生活・健康 未就学児

編集部おすすめの記事

特集

page top