感染拡大後の生活満足度、夫の家事・育児役割も影響…内閣府 3枚目の写真・画像

 内閣府は2020年6月21日、新型コロナウイルス感染症による生活意識・行動の変化について調査結果を公表した。約7割の子育て世帯で、家族と過ごす時間が増加。感染拡大前より生活全体で満足度が低下したが、夫の家事・育児役割が増えた家庭は、低下幅が小さい傾向にあった。

生活・健康 保護者
家事・育児への向き合い方の意識
画像出典:内閣府「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」 家事・育児への向き合い方の意識

編集部おすすめの記事

特集

page top