2018年12月の教育・受験 大学生ニュース記事一覧

国家公務員採用総合職試験2018、教養区分20.2倍 画像
大学生

国家公務員採用総合職試験2018、教養区分20.2倍

 人事院は2018年12月7日、平成30年度(2018年度)国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)教養区分の合格者を発表した。申込者数は2,928人、合格者数は145人、倍率は20.2倍だった。

医学部の不正入試、金沢医科大・福岡大・岩手医科大でも 画像
高校生

医学部の不正入試、金沢医科大・福岡大・岩手医科大でも

 金沢医科大学、福岡大学、岩手医科大学は2018年12月8日、現役生や地元出身者への加点など、医学部入試で不適切な取扱いがあったことを公表した。各大学とも文部科学省が実施した緊急調査において、不適切な事案を指摘されていた。

親子3世代で参加OK、千葉科学大「仮説実験講座」2/9-10 画像
小学生

親子3世代で参加OK、千葉科学大「仮説実験講座」2/9-10

 千葉科学大学は2019年2月9日・10日の2日間、マリーナキャンパスの危機管理学部棟防災シミュレーションセンターにて「親子孫で<たのしい仮説実験>講座」を開催する。対象は小学生から大人までで、親子だけでなく大人だけの参加も可能。先着順で定員20組を募集する。

イード・アワード2018「塾」、保護者が選ぶ満足度No.1塾が決定 画像
未就学児

イード・アワード2018「塾」、保護者が選ぶ満足度No.1塾が決定

 教育情報サイト「リセマム」は、塾の顧客満足度調査を実施し、イード・アワード2018「塾」を発表した。

フィリピン増加、アメリカ減少…日本人留学生数調査 画像
大学生

フィリピン増加、アメリカ減少…日本人留学生数調査

 海外留学協議会は2018年12月5日、留学事業者38社を対象とした日本人の留学生数調査「日本人留学生数調査2018」を発表した。2017年の年間留学生数は7万8,109人にのぼり、フィリピン留学が増加した反面、アメリカ留学が減少していることが明らかになった。

経団連が採用の在り方・大学教育を提案…産学協議会を設置 画像
大学生

経団連が採用の在り方・大学教育を提案…産学協議会を設置

 日本経済団体連合会(経団連)は2018年12月4日、「今後の採用と大学教育に関する提案」を発表した。大学と経済界が継続的に対話する枠組みとして、「採用と大学教育の未来に関する産学協議会(仮称)」の設置を提言したほか、多様で柔軟な採用・選考機会などを求めている。

トビタテ!留学JAPAN、大学生等400人募集…2019年3月1日まで 画像
大学生

トビタテ!留学JAPAN、大学生等400人募集…2019年3月1日まで

 日本学生支援機構は2018年12月3日、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」大学生等コースの第11期派遣留学生の募集を開始した。4コースで400名募集予定。締切りは2019年3月1日午後5時。

国家公務員採用試験2019、総合職・一般職試験の日程 画像
大学生

国家公務員採用試験2019、総合職・一般職試験の日程

 人事院は2018年12月3日、2019年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)および一般職試験(大卒程度試験)の日程を発表した。申込みは、いずれもインターネットで受け付ける。

「ふるさと教育支援」地方の塾・指導者不足による教育格差をEdTechでサポート 画像
先生

「ふるさと教育支援」地方の塾・指導者不足による教育格差をEdTechでサポート

 シンドバッド・インターナショナルは、2018年11月26日により、最先端のオンライン授業システムを活用した「ふるさと教育支援」を開始した。ふるさと納税システムからヒントを得たサービスで、講師としてふるさとの子どもたちに「教育」を支援できる。

    Page 1 of 1
    page top