【2014重大ニュース 大学】スーパーグローバル大学、大雪が入試直撃、東大推薦入試ほか

教育・受験 学校・塾・予備校

スーパーグローバル大学タイプA
  • スーパーグローバル大学タイプA
  • スーパーグローバル大学タイプB
 文部科学省は9月、スーパーグローバル大学として、世界レベルの教育研究を行うタイプAに旧帝大や早慶など13校、国際化を牽引するタイプBに明治や立教など24校を発表。補助基準額はタイプAが4億2,000万円、タイプBが1億7,200万円となる。

 2014年度の大学入試は大雪に見舞われ、文部科学省は大学に、試験時間の繰り下げや再試験など受験生への配慮を依頼した。入試関連では、センター試験廃止後の達成度テストや東大の推薦入試導入も話題となった。以下に、リセマムが選ぶ2014年「大学」重大ニュースを発表する。

◆スーパーグローバル大学、トップ型13校、グローバル化牽引型24校を採択
 2014年度スーパーグローバル大学創成支援、5/26から公募開始
 スーパーグローバル大学創成支援、旧帝大早慶など37校を採択

◆大雪が大学入試を直撃
 文科省が大雪で影響受けた受験生に配慮を依頼
 文科省、豪雪被害に伴う各大学の配慮状況を発表
 大雪の影響を受けた受験生へ24大学が対応…慶大も追試

◆東大が推薦入試を導入
 東大が推薦入試、平成28年度より100人募集…医学部は5人程度
 東大の推薦入試、平成28年度より書類・面接・センター試験で総合的に評価

◆センター試験廃止後の達成度テスト
 達成度テスト、基礎レベル試験の素案公表…6教科マークシート
 達成度テスト、高校の7割以上が反対…センター試験存続は7割が支持
 大学入試新テスト、平成32年度より実施…中教審が答申案

センター試験に過去最高の843大学が参加

◆大学入試英語に外部試験導入
 入試関係者の66%「大学入試で英語4技能を測定すべき」…日本英語検定協会調査
 英検協会がTEAPの申込開始…来年度は上智大・立教大・関西大で採用

大学進学率が過去最高の48%、東京は63%

私大の半数が定員割れ

出願完全ネット化の近畿大学、前期日程志願者数が過去最高の9万1,424人

東ロボくん、英語が偏差値41→50に上昇…センター模試で好成績
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)