奨学金や食生活、覚えておきたい保護者版「大学進学ガイドブック」

教育・受験 保護者

保護者版大学進学ガイドブック 画像:全国大学生活協同組合連合会(大学生協)Webサイト
  • 保護者版大学進学ガイドブック 画像:全国大学生活協同組合連合会(大学生協)Webサイト
  • 「入学までの準備」のページ 画像:全国大学生活協同組合連合会(大学生協)Webサイト「保護者版大学進学ガイドブック」の一部
 全国大学生活協同組合連合会(大学生協)は4月28日、「保護者版大学進学ガイドブック」をWebサイトに公開した。新生活準備や奨学金、食生活など、子どもの大学進学に関連した保護者の疑問や心配事に答え、アドバイスしている。

 ガイドブックでは、大学入学を控えた子どもの保護者が気になることとして、「入学までの準備」「奨学金」「食事」「病気・事故に備えて」「住まい探し」「パソコン」「就職支援」という7つのテーマをピックアップ。保護者の疑問に答えている。

 たとえば、「入学までの準備」では、下宿生で約186万円、自宅生で約120万円という入学までにかかった平均額を示しながら、保護者や職員、現役大学生による具体的なアドバイスを紹介している。保護者が気になる受験から入学までにかかる費用については、大学生協による調査結果をもとにして、下宿生と自宅生、国公立と私立を比較しながら平均額を一覧にしてまとめている。

 このほか、SNS上で提供されるオンラインゲーム「ソーシャルゲーム」など、若者の間で増えているインターネット取引きにおける消費者トラブルについても解説。子どもがトラブルに巻き込まれないため、保護者も知識を持ち、注意を促すよう呼びかけている。

 「保護者版大学進学ガイドブック」は全国大学生活協同組合連合会Webサイト内の「保護者の方へ」で掲載中。すべて無料で閲覧できる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)