【夏休み2016】先生のための「夏休み経済教室」東名阪で8月開催

 日本取引所グループ(JPX)と経済教育ネットワークは8月、先生のための「夏休み経済教室」を東京・名古屋・大阪で開催する。対象は中学・高校の先生や教育関係者、教員志望の大学生。公民のほか地理・歴史、家庭科・商業科の先生も参加できる。参加費無料、事前申込制。

教育イベント 先生
日本取引所グループ(JPX)のセミナー・イベント情報
  • 日本取引所グループ(JPX)のセミナー・イベント情報
  • 先生のための「夏休み経済教室」(名古屋会場)
  • 先生のための「夏休み経済教室」(大阪会場)
  • 先生のための「夏休み経済教室」(東京会場・高校対象)
  • 先生のための「夏休み経済教室」(東京会場・中学対象)
  • プログラムの一例(東京会場・中学対象の1日目)
 日本取引所グループ(JPX)と経済教育ネットワークは8月、先生のための「夏休み経済教室」を東京・名古屋・大阪で開催する。対象は中学・高校の先生や教育関係者、教員志望の大学生。公民のほか地理・歴史、家庭科・商業科の先生も参加できる。参加費無料、事前申込制。

 先生のための「夏休み経済教室」は、授業で経済分野を教える先生に向けて「経済を学ぶ・学びなおす」機会を提供するプログラム。日程は、名古屋会場が8月4日・5日、大阪会場が8月8日・9日、1日目に中学向け、2日目に高校向けの内容で実施する。東京会場は8月18日・19日が高校向け、8月22日・23日が中学向け。いずれの会場も、対象は中学・高校の先生や教育関係者、教員志望の大学生。2日間のうち、どちらか1日だけでも参加できる。

 当日のプログラムは会場によって異なるが、「経済学習におけるアクティブ・ラーニングの進め方」、中学教科書で読み解く「金利とは何か」、大学入試問題を活用した経済学習の進め方、高校教科書で教える「企業から上場まで」などを実施。大学教授・大学講師、小中学校・高校の教諭、東京証券取引所の金融リテラシーサポート部課長らを講師に迎え、授業に役立つ経済学を学ぶ。

 申込みは日本取引所グループ(JPX)ホームページから。事前申込制で、先着順。各会場の定員は名古屋70名、大阪70名、東京(高校対象)150名、(中学対象)150名。各会場の詳細は日本取引所グループ(JPX)ホームページにて確認できる。

◆先生のための「夏休み経済教室」
対象:中学・高等学校の先生、教育関係者、教員志望の大学生
参加費:無料
申込方法:日本取引所グループ(JPX)ホームページから申し込む。先着順のため、定員になり次第締め切る。
【名古屋会場】
開催日:8月4日(木)・5日(金)
会場:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)10階1002大会議室
定員:70名
【大阪会場】
開催日:8月8日(月)・9日(火)
会場:國民會館(武藤記念ホール)12階 大ホール
定員:70名
【東京会場】
日時:高校対象/8月18日(木)・19日、中学対象/8月22日(月)・23日(火)
会場:東京証券取引所2階 東証ホール
定員:高校対象/150名、中学対象/150名
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)