【読者プレゼント】名門小学校に合格できた子、できなかった子…「慶応会」理事長著・現代書林<応募締切6/18>

教育・受験 未就学児

現代書林 著・山岸顕司「慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格できた子、できなかった子」
  • 現代書林 著・山岸顕司「慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格できた子、できなかった子」
  • 著者の山岸顕司氏
  • 現代書林
 現代書林の新刊「慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格できた子、できなかった子」が2018年6月5日に発売される。この書籍を抽選でリセマム読者5名さまにプレゼントする。応募締切りは2018年6月18日。

 小学校受験に熱心な家庭ほど、情報収集に力を入れて合格した親子の体験談を集めるなど、わが子の合格作戦を練っているのではないだろうか。

 しかし、流布する情報は合格したという成功談が多く、失敗談を聞くことが少ない点が「落とし穴」であると著者の山岸顕司氏は見ている。そして、人は失敗した話を他人に話さないものだが、なぜ失敗したかの真実はその失敗談の中にこそ潜んでいると指摘している。

 この書籍では、幼児教室「慶応会」の理事長である山岸氏が、長年にわたり実際に目にしてきた現場で知った「なぜ受験に失敗したか」の原因について明らかにしている。多くの現場に立ち会った著者だからこそ、「入試の時になぜこの子が不合格と判定されてしまったのか」を客観的に判断している。

 本書は全4章の構成。合格して喜び、時に不合格で悲しんだ家庭の実話を17話紹介し、「小学校受験に合格するための子育て」がよくわかる一冊となっている。

◆「慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格できた子、できなかった子」
著者:山岸顕司
出版社:現代書林
発売日:2018年6月5日(火)
定価:1,300円(税別)
版型:四六判並製、188ページ
目次:
 第1章 あなたが校長先生なら、この子は「合格」?「不合格」?
 第2章 学校に「不合格」とされてしまうポイントはどこ?わが家が、そうならないためには?
 第3章 合格のためにわが子の「長所を伸ばす」が9割、「短所の矯正」が1割
 第4章 小学校受験のプロが教えたい、合格するために本当に大切なこと
--
 リセマムでは、現代書林「慶應幼稚舎・早実初等部・筑波小学校に合格できた子、できなかった子」を抽選のうえ5名さまにプレゼント。「リセマム BASIC MEMBERS」にログイン後、本記事記載の応募方法詳細をご覧いただき、アンケートに必要項目をご記入のうえ2018年6月18日(月)までにご応募ください。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

 「リセマム BASIC MEMBERS」(無料)にご登録いただくと、教育・子育て最新情報が満載のメールマガジン「ReseMom トピックス」や会員限定コンテンツなどをご利用いただけます。

◆メールマガジン「ReseMom トピックス」
 教育情報サイト「リセマム」のニュースを中心に、火曜日より土曜日まで毎朝8時(予定)に注目の話題をお届けします。受験、教育イベント、教育ICT、生活情報を中心に、おもに高校生までのお子さまに役立つ情報を発信してまいります。会員限定プレゼントもご用意しますので、ご期待ください。

《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)