文科省「高校の地域人材育成 × 大学との連携サミット」7/7

教育業界ニュース 文部科学省

新たなコミュニティ創造に向けた大学等との連携の推進について
  • 新たなコミュニティ創造に向けた大学等との連携の推進について
  • 「高校における地域人材育成×大学等との連携サミット」の開催などについて
 文部科学省は平成30年7月7日、「高校における地域人材育成×大学等との連携サミット」を開催する。「新たなコミュニティ創造に向けて」をテーマに国公私立大学の関係者らが、先進事例から手法や方法論を学び、今後の取組みなどを語り合う。事前申込制(先着順)。

 文部科学省によると、地域コミュニティが衰退傾向にある中、大学進学などで地元を離れる若者にとって、高校で地域理解を深める学びを充実させることが大切になる。高校と地域との対話の場づくりを円滑に進めるためには、さまざまな研究成果や知見、人材育成の機能を持つ大学が、地域とともに考え行動するパートナーとして参画することが重要だという。

 そのため、文部科学省では新たなコミュニティ創造に向けて、大学関係者が中心となって先進事例を紹介する「高校における地域人材育成×大学等との連携サミット」を企画。高校と地域の対話づくりに対する理解を深め、関係者間のネットワークを構築し、次のアクションにつなげていくことを目指す。

 会場は大正大学。北陸大学、岡山大学、東北芸術工科大学が先進事例を紹介するほか、「『対話の場』を創る大学の役割」をテーマに大学生らを交えてパネルディスカッションも展開。大学などを主体とした各地域の「対話の場」づくりについて、今後の取組みや展望などを語り合う。

 参加対象は、国公私立大学の関係者、連携する高校や自治体などの担当者。定員は100~150人程度。事前申込制で、文部科学省のWebサイトの参加申込受付フォームから先着順に受け付けている。

◆高校における地域人材育成×大学等との連携サミット
日時:平成30年7月7日(土)14:00~16:00
場所:大正大学 531号室(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)
対象:国公私立大学の関係者(連携する高校や自治体などの担当者を含む)
定員:100~150人程度
参加費:無料
申込方法:Webの参加申込受付フォームより申し込む
※先着順で定員になり次第締め切る
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)