レアジョブ英会話、CEFRに基づき大幅リニューアルした3教材提供

 英語関連事業を運営するレアジョブは、オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」の教材を大幅リニューアルし、新たに「Weekly News Article」「Pronunciation:Basic Sounds」「Conversation Questions」の3教材の提供を開始した。会員であれば誰でも無料で利用可能。

教育ICT 中学生
大幅リニューアルした新教材サンプル
  • 大幅リニューアルした新教材サンプル
  • Weekly News Article(イメージ)
  • Pronunciation:Basic Sounds(イメージ)
  • Conversation Questions(イメージ)
  • 教材のカテゴリ
  • カリキュラムページ
 英語関連事業を運営するレアジョブは、オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」の教材を大幅リニューアルし、新たに「Weekly News Article」「Pronunciation:Basic Sounds」「Conversation Questions」の3教材の提供を開始した。会員であれば誰でも無料で利用できる。

 レアジョブは2007年より「レアジョブ英会話」を提供し、教材やサービスの拡充を続けている。今回、確かな理論やデータに基づいた教材でより英語習得の効果を高めることを目指し、教材のラインアップ・内容を見直し、既存教材の刷新・追加を行うなど大幅なリニューアルを実施。新教材1つ、リニューアル教材2つ、計3つの新教材の提供を開始した。

 「Weekly News Article」は、初心者・中級者向けにニュース記事で構成した新教材。中上級者向けの人気教材「Daily News Article」の姉妹教材として、初心者・中級者でも定期的に更新される記事教材の利用を可能にした。教材専用のWebサイトがあり、Business、Sports、Human Interest など、毎週さまざまなカテゴリの中から1記事ずつ追加される。

 リニューアルされた「Pronunciation:Basic Sounds」は、基礎的な発音を伸ばすための教材。レベルを問わず受講でき、発音における口の形や舌のポジションの確認、反復練習を通して正しい発音を定着させることを目的としている。同じくリニューアルした「Conversation Questions」は、簡単な質問に答えながら即答力を伸ばすことができる教材。各トピックで難易度別の多くの質問を用意しており、講師とカジュアルに会話を楽しみながら学ぶことができる。

 各教材は客観的な指標であるCEFRに基づいて作成されており、レッスンの受講目的ごとに教材のラインアップを整理。レベルアップをするためには「レアジョブ英会話」の教材をどのように組み合わせて受講すればいいか、確かな理論のもと、より個別最適化された学習プランの提案を可能にしたという。レアジョブ英会話の会員であれば教材の利用料は無料。登録のプラン・コースを問わず誰でも利用することができる。詳細はWebサイトで確認できる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)